全国5万人が受講している「サイタ」

簿記試験2級講座・スクール

簿記試験2級講座・スクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記2級試験大阪 眞司の日商簿記2級試験講座 スクールブログ 日商簿記2級試...

日商簿記2級試験講座を受講される皆様へ

初めまして公認会計士・税理士の大里です。

本講座は今後、日商簿記検定2級を受験してみようと思っておられる方なら誰でも大歓迎です。

基本的には、日商簿記検定3級を合格済かそれと同レベルの方を対象としておりますのでそうでない方は日商簿記検定3級講座を選択されますようお願いいたします。


■日商簿記検定2級受験が初めての方へ

ご安心ください。
日商簿記検定2級は高校の数学よりは簡単だと思います。
基本的に四則演算ができれば必ず解けるようになります。

日商簿記検定2級は一般企業を想定した商業簿記
及び工業簿記(製品を製造して販売する活動を会計帳簿に記録する仕組み)を
対象としております。

日商簿記検定3級より範囲は広くなりますが3級が理解できていれば
その延長線上にある項目のため比較的スムーズに進められると思います。

まず最初は、全体のカリキュラムを説明させていただき、
ご自身がどの程度時間が取れるかを伺いそれに合わさせて頂きます。

早く終わらせたい方には短期集中レッスン(各2時間×12回~又は3時間×8回~)も可能です。
理解した後は、自宅等でひたすら過去問題を解いて
受験に焦点を合わせていただいても良いかと思います。

試験は2月、6月、11月の年3回ありますので、
ご自身がいつ受験するかにより
受験に合わせて進めさせていただきたいと思います。

本試験は毎年同じようなパターンの問題が出題されますので
基本的に過去問題が解けるようになれば必ず合格できます。

講義中は理解してもらえるようポイントを絞ってお話したいと思います。
わからなかったら、何度でも遠慮せずに質問してください。

マンツーマンレッスンのためご自身の理解度に合わせて早く終わらせることも可能です。
聞いているときはわかったがその後忘れた場合でも問題を解いていくうちに
私が申し上げたことが思い出されて応用がきくと思います。

全く独学ですとポイントがずれたりどこがよく出題されるかわからず、
無駄な時間を過ごす可能性があると思います。

受講するにあたり予習は、特に必要ありませんが、復習は非常に大切です。
そして覚えたら、忘れないうちに個別問題や
実際の過去の試験問題を多く解くことです。それも短期間のうちに。

せっかく理解してもかなり期間をおいて問題を解くと忘れてしまって
もう一度最初から読み返したりして不効率となります(私自身そうでした)。

極力、短期間で合格してしまうことがよいと思います。
とにかく集中力が大切だと思います。

簿記2級に合格すると会計に関する基本的な知識を身に着けることになり、
会社の決算書の見方や経営管理方法もわかるようになります。

また、就職や大学等の推薦入学にも有利となると思います。

会社に入社しますと、技術系の方でも管理職になると好むと好まざるとにかかわらず、
会社の財務諸表や自部門の損益計算書等を見たり分析する機会が生じてきます。

その時になってやっても良いのでしょうが、
若いうちにいくらかやっておいた方が
後々やっておいてよかったと思うことがあるかと思います。

会社によっては課長昇進試験に簿記や会計関係の問題を出すところもあります。

■日商簿記検定2級を受験経験のある方へ

ある程度、勉強された方であれば、復習を兼ねた進め方で
もう一度一通りレッスンさせていただくか
わからない所をおっしゃっていただければ
その部分についてのみ教えさせていただく方法で
進めさせていただいても良いかと思います。

レッスン中は理解していただくことに集中して、
後はやはり復習と個別問題や過去問題を多く
解いていただくことになります。

予め、わからない部分をおっしゃっていただければ理解しやすい
オリジナルのレジュメを準備したいと思います。

それでは、皆さんと会える日を楽しみにしています。

 

(2014年7月2日(水) 22:15)

次の記事

この記事を書いたコーチ

会計税理士事務所を開業。勤勉で説明の得意な明るいコーチ!

眞司の日商簿記2級試験講座
大里眞司 (日商簿記2級試験)

京橋・三条・樟葉・枚方市・香里園・天満橋・淀屋橋

ブログ記事 ページ先頭へ