全国5万人が受講している「サイタ」

簿記試験2級講座・スクール

簿記試験2級講座・スクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記2級試験東京 暗記に頼らない2級簿記講座 スクールブログ 第136回簿記...

第136回簿記検定2級 第2問、第3問の私的展望

検定試験第2問は帳簿、試算表、伝票など日常仕訳、決算以外の関連項目が出題されます。また第3問は決算関連の問題が出題されます。

ここ2回検定の合格率が低い原因の1つは第2問の問題が出題の主軸である試算表と仕訳日計表のいずれも出題されなかったこともあると思っています。

また第3問は2回連続、精算表が出題されています。これらを考慮した今回の私的展望は以下のとおりです。

パターン1  第2問 試算表    第3問 本支店会計
パターン2  第2問 仕訳日計表  第3問 本支店会計
パターン3  第2問 特殊仕訳帳の金額推定  第3問 財務諸表

試算表は
第131回、第129回のように複数の特殊仕訳帳の数値と普通仕訳帳から試算表を作成する問題の出題を個人的には予想しています。

仕訳日計表は
第128回のように伝票の数値を一部推理して、仕訳日計表と総勘定元帳、掛元帳を完成させる出題を個人的には予想しています。

本支店会計は
第130回のような本支店合併の損益計算書と貸借対照表の作成問題を個人的には予想しています。ただし損益計算書は報告式になる場合もあります。また第127回のような本店の損益勘定の作成が出題される可能性もあるので、この問題については最低限、一度は解答しておいていただきたい問題です。

特殊仕訳帳の金額推定は
第118回、第122回のように特殊仕訳帳の金額を二重取引、二重仕訳をヒントに推定する問題です。

財務諸表は
最近は損益計算書を作成させる問題が多いのですが、貸借対照表を作成する問題がしばらく登場していないので注意してほしいです。

工業簿記の私的予想は後日掲載します。

 

(2014年2月2日(日) 20:42)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

講師歴25年以上!暗記に頼らず学ぶコツを、じっくりレクチャー

暗記に頼らない2級簿記講座
古矢敏雄 (日商簿記2級試験)

取手・日暮里・上野・新松戸・南千住・北千住・綾瀬・亀有・金町・松戸・北小金・南柏・柏

ブログ記事 ページ先頭へ