全国5万人が受講している「サイタ」

簿記試験2級講座・スクール

簿記試験2級講座・スクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記2級試験福岡 疑問点を解決!日商簿記2級レッスン スクールブログ #1 簿記と言...

#1 簿記と言えば、どんな勉強?

みなさん、はじめまして!
今日からブログを書かせて頂きます。よろしくお願いします。

ここを読まれる方は、簿記という勉強がどんな勉強か「なんとなく」イメージ出来ているでしょうか??

多分難しい帳簿を見て、一生懸命電卓叩いて結果をにらめっこしているという感じではないかと思います。実は、それ






当たってます(笑)。

試験問題をみると、こんなの解けるようになるのかなと思うのが正直普通ではないでしょうか。大丈夫です。今からちゃんと勉強すればできます。

でも簿記には勉強方法に一工夫必要です。

僕は、簿記と言えばどんな勉強ですか?という質問に対して、
いつも「筋トレと一緒です」と答えています。

筋トレっていわゆる、ダンベルとか器具を使って繰り返し練習して、筋肉をつけていくトレーニングであることは皆さんご存じだと思います。継続して行えば筋力は維持もしくは発達するし、何もしなければ衰えます。


簿記も同じで、何もしないと力は落ちていくし、テキストの仕訳例ばかり読んでも力はつきません。仕訳例を覚えて、きちんと問題演習を繰り返しやって「体で覚えて」いくことが力をつけるコツです。

読んだら、当り前だと思うかもしれませんが、実はこれが難しい。
「継続は力なり」という言葉もありますが、簿記の勉強ではまさしくその通りだと思います。

難しい問題にあたって、どうしてもわからない時に誰に聞けばいいのか迷った時や、問題を解く作業を行うため勉強スペースも必要な為、大きなテーブルのある場所じゃないと「やりにくい」。こういう事が勉強を続けるモチベーションを低下させている要因だと思ってます。


じゃあ、そのモチベーションを持って続けて勉強する為にはどうすればよいのか、次回のブログでまたお話ししたいと思いますね。

 

(2013年7月2日(火) 22:24)

次の記事

この記事を書いたコーチ

大手企業で実務を経験。はじめのコツを伝えるレッスンに定評あり!

疑問点を解決!日商簿記2級レッスン
前多ヒデキ (日商簿記2級試験)

博多・教育大前・赤間・東郷・福間・福工大前・香椎・千早・箱崎・吉塚・新宮中央・天神/...

ブログ記事 ページ先頭へ