サイタ資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記2級試験千葉 テキストと過去問で学ぶ★日商2級講座 スクールブログ 134回日商2...

134回日商2級試験を振り返って

134回日商2級試験を受験された皆様、
たいへんお疲れさまでした。

私もこの問題を解き直してみましたが、
少し難しかったですね。

今回の2級試験問題は、
全体的にオーソドックスな内容が問われている試験ではあったと思いますが、

「日商2級の資格を取って、実務でこの資格を活かしたい」
という方のための試験というよりは、

「税理士簿記論や公認会計士試験を目指す
初学者の方向けの予行演習」
としての性格が強いな、という感じが私はしました。

それでは、内容について簡単に見ていきたいと思います。

第1問
3級のブログでも申し上げたことなのですが、
「いきなり仕訳を切り出す」のではなく、「勘定科目群にざっと目を通す」
「頭から解くのではなく、簡単な問題から解き始める」
という工夫が必要なのは、3級と同じです。

2級では、それに加えて、問題文の指示を見落とさないための
工夫(例えば問題文を丁寧に読み、キーワードを○で囲んでおく)
が必要になります。

例えば1番の問題であれば「直接法」
2番であれば「委託販売のため」といったところを見落として解答してしまうと、
間違える確率が高くなってしまいます。

第2問
税理士の簿記論の受験を考えておられる方は、
この問題を是非できるように仕上げていただきたいところです。

第3問
保証債務の決済や売上割戻引当金といった、
新しく試験範囲に加わった論点が出題されていたようですね。
のれんを何年で償却しなければならないのか、
問題文の指示が読み取りにくいように感じました。

第4問
工業簿記については、ここ最近の過去問題を解いていると、
「過去問の棒暗記ではなく、基本的な知識をきちんと習得できていますか?」
といったことを試験委員が聞きたいんだな、という感じがしてなりません。

たとえば、「主要材料費」と「買入部品費」が「直接材料費」になります。
みなさん、ご存知ですよね?(といったこととか。)

このことについては、少し前の本試験問題でも同じことが問われています。
ぜひ、過去問を研究されることをおすすめいたします。

あとはやはり、工業簿記は「勘定連絡図」が体系的に頭に入っていないと、
問題を解答するのに、自分が何の計算をやっているのか、
わからなくなってしまうかもしれません。
今回の第4問については特にそれがいえます。

第5問
全部原価計算と直接原価計算の違いについて問われています。
過去問題の内容を「自分なりに理解している」のであれば今回の問題も
ある程度対応はできるかと思いますが、「単なる過去問の丸暗記」では、
解答するのはちょっと難しいかもしれません。

今回の試験で満足のいく結果が得られなかったと感じていらっしゃる方は、
ぜひ今回の本試験問題を、じっくり時間をかけて、最初は解答を見ながら
でもいいですので、きちんと解き直しをされることをおすすめいたします。

また、日商1級、税理士、公認会計士といった受験を始められる
初学者の皆様にとっても、今回の問題はきちんとできるように仕上げた上で
学習を進められたほうがよろしいかと思います。

そうすることで、
「テキストに説明があることのうち、何を押さえておかなければいけないのか」
がわかるはずです。

 

(2013年6月20日(木) 15:45)

前の記事

この記事を書いたコーチ

塾講師、企業の経理職も!実務経験からのアドバイスと過去問で合格サポート

新着記事

134回日商2級試験を受験された皆様、 たいへんお疲れさまでした。 私もこの問題を解き直してみましたが、 少し難しかったですね。 今回の2級試験問題は、 全体的にオーソドックスな内容が問われている試験ではあったと思いますが、 「日商2級の資格を取って、実務でこの資格を活...

 日商3級と同様、日商2級の試験でも 典型的な論点がしっかり得点できれば、 合格点を取ることはそう難しくはない はずです。  今回の商業簿記の第3問では、本支店会計で、 本支店合併損益計算書の作成だけでなく、 本店、支店における利益、支店勘定の次期 繰越額が聞かれていました。...

132回検定試験を受験された皆様、 おつかれさまでした。 まずは、しっかり休まれてください。 ですが、ご自分が合格されていることを確認するまでは、 少しずつでいいですので学習を継続されることが 大切になります。 3級同様、130回・131回の試験と比べて若干難易度が 上が...

 簿記を学習する上で、問題を解くという作業は欠かせないですよね。カフェでレッスンを行っていると、内容の説明で終わってしまい、一緒に問題を解くということがなかなか出来ないので、これからは、生徒さんの学習がどこまで進んでいるのか、問題を自宅で解いてもらって、そこで作ってもらった答案と下書き用紙を実...

あと1週間で、日商2級本試験ですね。 受験される皆様、感触はいかがでしょうか。 直前期の過ごし方は、人それぞれだと思うのですが、 私が受験生だったころに受けた助言の一つは、 「直前期は、ネット検索などで新しい情報を求めようとしてはいけない。大変な思いをするだけだから。情報を遮断...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、日商簿記2級試験レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ