サイタ資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記2級試験千葉 テキストと過去問で学ぶ★日商2級講座 スクールブログ 効果的な問題演...

効果的な問題演習法

 簿記を学習する上で、問題を解くという作業は欠かせないですよね。カフェでレッスンを行っていると、内容の説明で終わってしまい、一緒に問題を解くということがなかなか出来ないので、これからは、生徒さんの学習がどこまで進んでいるのか、問題を自宅で解いてもらって、そこで作ってもらった答案と下書き用紙を実際に見せていただきながら、レッスンを進めていこうと思っています。

 レッスンを受講されている生徒さんが日商簿記検定試験に合格する上で一番大事なことは、「レッスンを受けること」ではなく、「レッスンを受けてなんとなくわかった内容が、実際に自分で問題を解けるようになること」なんです。

 他のコーチの方もおっしゃっておられると思います。「テキストを読むことも大事ですが、問題を解くことを学習の中心にしてくださいね」ということを。

 では、どのように問題を解けばいいのでしょうか?

 私が受験生だったころ、講師から次のようなアドバイスを頂戴しました。

 「問題演習法を2つ使い分けるべき。1つは、時間をはかって問題を解くこと。もう一つは、自分がわからなかった問題について、時間を気にせずに、もう一度丁寧に解きなおしてみる。このとき、問題をよく読む。下書き用紙に書くことを、丁寧に書いてみる。解説をよく読む。」

 私はこれは珠玉のアドバイスだと思っています。そして、日商3級、2級だけでなく、日商1級や税理士簿記論、財務諸表論の学習においても非常に有効であると思います。

 ともすれば、時間をはかって問題を解くことばかりに意識が向いてしまいがちですが、良問を、じっくりと、丁寧に学習し、コツコツと自分のものにするということも、忘れないようにしたいものです。

 

(2012年3月3日(土) 17:13)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

塾講師、企業の経理職も!実務経験からのアドバイスと過去問で合格サポート

新着記事

134回日商2級試験を受験された皆様、 たいへんお疲れさまでした。 私もこの問題を解き直してみましたが、 少し難しかったですね。 今回の2級試験問題は、 全体的にオーソドックスな内容が問われている試験ではあったと思いますが、 「日商2級の資格を取って、実務でこの資格を活...

 日商3級と同様、日商2級の試験でも 典型的な論点がしっかり得点できれば、 合格点を取ることはそう難しくはない はずです。  今回の商業簿記の第3問では、本支店会計で、 本支店合併損益計算書の作成だけでなく、 本店、支店における利益、支店勘定の次期 繰越額が聞かれていました。...

132回検定試験を受験された皆様、 おつかれさまでした。 まずは、しっかり休まれてください。 ですが、ご自分が合格されていることを確認するまでは、 少しずつでいいですので学習を継続されることが 大切になります。 3級同様、130回・131回の試験と比べて若干難易度が 上が...

 簿記を学習する上で、問題を解くという作業は欠かせないですよね。カフェでレッスンを行っていると、内容の説明で終わってしまい、一緒に問題を解くということがなかなか出来ないので、これからは、生徒さんの学習がどこまで進んでいるのか、問題を自宅で解いてもらって、そこで作ってもらった答案と下書き用紙を実...

あと1週間で、日商2級本試験ですね。 受験される皆様、感触はいかがでしょうか。 直前期の過ごし方は、人それぞれだと思うのですが、 私が受験生だったころに受けた助言の一つは、 「直前期は、ネット検索などで新しい情報を求めようとしてはいけない。大変な思いをするだけだから。情報を遮断...

ブログ記事 ページ先頭へ