サイタ資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記2級試験神奈川 簿記マスタースクール スクールブログ 壁と部分点

壁と部分点

簿記2級で合格するにあたって、大きな壁となるのは、
・本支店会計
・帳簿組織

ではないかと思います。
僕も2級を受ける時、
「本支店でないといいな」
「第2問は帳簿じゃなくて伝票だといいな」
と思っていました(笑)

この壁は、苦手とする人が多いですし、1ヶ所つまづくと貸借合計が一致せず、スッキリしない…ということになりやすいですよね

もちろん、ちゃんと理解して余裕でこの壁を飛び越えていけるのがベストです。
僕がしっかりそのお手伝いをさせていただきます!

しかし、本番で緊張してこんがらがってしまった…ということもあります。
その場合でも、「部分点」をしっかりとれば、十分合格できます!

なので、模試や過去問を解く際に、壁が登場しても、
「ちゃんと理解できてないからダメかも…」
と思うのではなく、
「できるところをばっちり取って、壁を意地でもよじ登ってやる!」
っていう感覚で臨めば、意外と高得点だったりするかもしれません。
よかったら試してみて下さい!

 

(2011年3月6日(日) 18:44)

前の記事

この記事を書いたコーチ

簿記の面白さを教えてくれるレッスン。先生の出す例が面白いから

ブログ記事 ページ先頭へ