全国5万人が受講している「サイタ」

簿記試験2級講座・スクール

簿記試験2級講座・スクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記2級試験東京 さくさく合格サクセス簿記講座 スクールブログ 簿記の役割って...

簿記の役割って?

簿記って何なのでしょう?

簡単に言うと、会社のお金の動きを記録するものとでも言えましょうか。
家計簿やお小遣い帳も仲間と言えますね。
簿記に触れたことのない方でもこのくらいのイメージをお持ちの方は多いのではないでしょうか。
わたしも学問的に勉強したことがあるわけではないので、厳密なことはわかりませんが、
わたしもこの程度の感覚だったと思います。

日々の活動にはお金がたいてい伴いますね。
このお金をどうやって入手したか、また何に使ったか、
この一つ一つがいわゆる“仕訳”で記録され、
これが積もり積もって、“貸借対照表(B/S)”や“損益計算書(P/L)”などの
財務諸表が作成されるんですね。

つまり、簿記の知識を身に付けることにより、
会社がどのような活動を行っているかを知ることができたり、
その会社の業績(=調子)がわかるようになったりするんですね。
社会の動きをとらえることができる!
なんて言ったら大げさかもしれませんが、一助にはなりそうじゃないですか?!

なんか、小難しく取りとめのない話になってしまいましたが、
これも何かのきっかけになればうれしいです♪

 

(2010年11月24日(水) 23:58)

前の記事

この記事を書いたコーチ

監査法人勤務!実務を聞ける+「勉強スタイル」を作るレッスンで将来設計

さくさく合格サクセス簿記講座
関谷紀行 (日商簿記2級試験)

原宿・新宿・下北沢・代々木上原・経堂・築地・赤坂・乃木坂

ブログ記事 ページ先頭へ