サイタ資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記1級試験大阪 めざせ日商簿記1級合格講座 スクールブログ 連結精算表の親...

連結精算表の親会社株主に帰属する当期純利益って、なぜ損益計算書の利益と一致しないんだろう!?。

連結精算表の親会社株主に帰属する当期純利益って、なぜ損益計算書の利益と一致しないんだろう!?。

連結財務諸表の問題は、日商簿記2級検定試験でも出題される難解な問題です。
連結精算表を作成していて、いつも疑問に思う事は、なぜ連結精算表の親会社株主に帰属する当期純利益って、損益計算書の利益と一致しないんだろうね!?。

【損益計算書】
           (親会社) (子会社) (借方) (貸方)  (合算)
諸 収 益      488,000  300,000            788,000
受取配当金       12,000    -    12,000        -
諸 費 用      440,000  264,000    -        704,000
のれん償却        -     -       500         500
当期純利益       60,000   36,000   12,500   0   83,500
非支配株主に帰属する
当期純利益                    14,400       14,400
親会社株主に帰属する
当期純利益                    26,900       69,100

※ 合算の損益計算書で縦合計を計算すると、確かに親会社株主に帰属する当期純利益
  の金額は69,100円になるが、借方合計の26,900円とのつながりが見えてこない。
  親会社株主に帰属する当期純利益は、12,500円+14,400円=26,900円で計算さ
  れています。
  これって、どういう事??。
  この『親会社株主に帰属する当期純利益』の26,900円は、親会社の得た利益額を指
  しているのではなく、親会社に帰属する当期純利益が減少したと言う事を表してい
  ます。
  つまり、子会社の当期純利益36,000円のうち非支配株主持分に振替えられた持分が
  14,400円で、連結決算の内部取引相殺により消滅する受取配当金が12,000円で、
  さらに、のれん償却(費用)で親会社の利益が500円減少します。
  結果、子会社の当期純利益のうち親会社に加算される利益は、9,100円のみになり
  ます。
  9,100=36,000-12,500-14,400
  そして、親会社の当期純利益60,000円に9,100円を加えた金額が69,100円になり
  ます。

 『親会社株主に帰属する当期純利益』と言う言葉が何を意味しているのかを明確に捉
  えることが出来れば、連結精算表は作成が簡単になると思います。  

 

(2019年5月19日(日) 3:21)

前の記事

次の記事

新着記事

返品調整引当金と売上割戻引当金が、日商簿記2級の新教材(2020年2月に発売の一部市販教材)から消えた!!。 『え!え!!え!!!』どう言う事!!。 2020年2月末にTACから市販された日商簿記2級テキスト、問題集から、返品調整引当金と売上割戻引当金が削除されている(一部の教材)。 ...

今年も『めざせ日商簿記合格講座』から新社会人として1名の受講生が翔たいて行きました!!。 めざせ日商簿記合格講座では、毎年6月、11月、そして2月の年3回、日商簿記検定試験により受講生が入れ替わる時期になりますが、試験とは別に受講生の個人的な成長により人生の新しい門出を迎える人も居ます。...

第155回(令和2年6月14日(日)実施)日商簿記1級受験をリベンジされる方向けにレッスン受講の受付を開始致しました。 第155回(令和2年6月14日(日)実施)日商簿記1級検定試験のリベンジ向けに頑張ってはいるが、どうも上手く受験勉強がっ進まないと思われている受験者の皆様、1人で悩まず...

第156回(令和2年11月15日(日)実施)日商簿記1級受験向けの受付を開始致しました。 今から週1日ペースで、ゆっくり、じっくり確実に合格出来る様に第156回(令和2年11月15日(日)実施)日商簿記1級受験に向けて頑張ってみませんか!?。 今からなら8か月のロングランになります...

第155回(令和2年6月14日(日)実施)日商簿記1級受験向けの受付を終了致しました。 現受講生の人数制限により、第155回(令和2年6月14日(日)実施)日商簿記1級受験向けのレッスン受講の受付を終了させて戴きます(6月の受験までにレッスンを消化出来ないため)。 【現在の在籍者数...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、日商簿記1級試験レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ

日商簿記1級試験情報

サイタの日商簿記1級試験講師がブログを通して、日商簿記1級試験情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

日商簿記1級試験の先生

@BookkeepingCyta