サイタ資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記1級試験大阪 めざせ日商簿記1級合格講座 スクールブログ 第152回(2...

第152回(2019年6月9日(日)実施予定)日商簿記1級検定試験受験向けの受講生を募集中です!!(12/1:更新)。

第152回(2019年6月9日(日)実施予定)日商簿記1級検定試験受験向けの受講生を募集中です!!(12/1:更新)。

日商簿記検定試験の最高峰『日商簿記1級』の資格取得に向けて、ゆったりと、たっぷりと時間をかけて、今から1発合格を目指して受験勉強を始めてみませんか!?。

そんな意欲のある方の望みをお手伝いするために、『めざせ日商簿記1級合格講座』の新規受講生の方のために新規募集を開始致します。

『日商簿記2級の試験に合格したのは数年前だけれど』と不安に思われておられる方、『お仕事の関係で、なかなか時間が作れなかった、余裕がなかった』等、いろいろな問題はあったけれど、『やっぱり、日商簿記1級の資格は取得したい!!』と、心の何処かに秘めた思いを募らせておられる方、今からであれば7か月(2018年12月中の受講開始)ありますので、週1日(1回120分)の受講ペースで楽々受験が出来ますよ。

次のレッスンまで1週間の余裕がありますので、今日学習した内容を次回のレッスンまでに復習して、次のレッスン時に分らないところや疑問に感じたところを質問し、疑問を解決!!。

そして、本日のレッスンで、新しく学習する知識を積み重ねて、確実に自分のものにして受験知識を高めて行く。
そうすれば、安心して検定試験日を迎えることが出来ます。

忘れていた日商簿記2級の知識や試験(出題)範囲改訂で勉強されていなかった単元等を日商簿記1級の受験勉強に取り込んでレッスンを進めて参りますので、心配する必要はございません。

=受講モデル=
① 平 日1日 120分(10時00分から21時00分までの間で120分)
② 土曜日1日 120分(14時00分から21時00分までの間で120分)
③ 日曜日1日 120分(14時00分から21時00分までの間で120分)
④ 平 日2日 120分(10時00分から21時00分までの間で120分)
  ⇒少し早い時期に終了して、試験1か月前ぐらいから試験対策にじっくり時間を費
   やしたいと希望される方は、週2日ペースで進めれれば安心して試験対策が出来
   ます。

  ※ この受講モデルは、2019年2月以降からの受講では対応致しません。

2019年2月24日(日)実施の第151回日商簿記2級検定試験合格後、2019年6月9日(日)実施予定の日商簿記1級受験に挑戦されたい方は、週2日のペースで受講して戴く必要があります(この時期からのスタートであれば、週1日のペースでは到底間に合いません)。

さあ、一緒に頑張ってみませんか!!。

あなたの未来を応援する『めざせ日商簿記1級合格講座』です。

 

(2018年8月12日(日) 22:15)

前の記事

次の記事

新着記事

2018年総決算/日商簿記検定試験結果!!。 2018年3月からサイタで、2月からは企業研修等の個別レッスンを実施し、年内に2回の日商簿記検定試験が実施されました。 改めて、総決算と言う事で結果報告を致します。    『2018年6月8日(日)実施の第149回日商簿記検定試験結果...

2019年6月9日(日)実施予定の第152回日商簿記1級受験向けの受講生を募集しております。 来週頃から、2018年11月18日(日)に実施された第150回日商簿記1級の合格発表が出る頃でしょう。 惜しくも合格を逃してしまった方、じっくりと次回の合格を目指してリベンジしてみませんか...

平成30年11月18日(日)実施の第150回日商簿記1級検定試験について、試験内容の難易度はどうだったのか!?。 受験された皆さんは、今回の試験の難易度は如何でしたか!?。 とあるところのアンケート集計(平成30年11月30日(金)現在)状況では、 1.商業簿記の試験   ① ...

風が冷たくなって、本当に冬がやって来るんだな~~と実感する様な今日の寒さ。 年末も近づき新しい年に向かって時計の針はコツコツと進んでいます。 さあ、2019年6月の日商簿記1級検定試験の合格証書は新元号の元年の記念すべき合格証書だ!!。 特にこだわりがなければ問題は無いが、合格証書に...

第150回日商簿記検定試験も終わり、早く気持ちを切り替えて、今後の受験計画(方針)を立てましょう!!。 2019年2月24日(日)実施の第151回日商簿記検定試験を受験するのか!? それとも、 2019年6月9日(日)実施予定の第152回の日商簿記検定試験をするのか!? 早く気持ち...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、日商簿記1級試験レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ