サイタ資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記1級試験東京 ニコニコ日商簿記1級試験講座 スクールブログ 私の強み

私の強み

 受験生の方を指導していく中で喜ばれていることは、「実務の話」になります。

 私は税理士法人から大手商社の経理部にいますが、簿記が実務でいかに役立つかを事例をあげて説明すると大変喜ばれます。

 例えば、原価計算のCVP分析は問題では

「損益分岐点売上高はいくらになりますでしょうか?」

 で終わりますが、実務はここからがスタートになります。売り上げを達成するにはどうするか?客単価をあげるにはどうするか?そういった話し合いが肝になります。

 問題を解くだけでは単調ですが、仕事と絡めると楽しく勉強できると思います。
 
 実務の話と指導できるのは、講師専門の方にはできない私の強みです。(もちろん講師専門の方のほうが教え方は上手と思いますが)

 経理職の方、もしくは経理を目指されている方には私の話は役に立ちます。

 もうすぐ夏休みですね。勉強がたくさんできる良い時期です。お盆休み中も応募は受け付けているので、簿記を目指されているかたはご連絡ください。

 後悔はさせません。

 

 

(2018年8月5日(日) 8:18)

次の記事

新着記事

 簿記の指導をしていて、「この人は受かるだろうな」とか「この人は少し難しいかもな」とか感じることがあります。  成績もそうですが、受かる人は素直です。  最近の生徒さんですが、私が説明すると「それはわかっているんです」と連呼する方がいました。やたらと細かいところを聞きたがる人でした...

 私は指導する傍ら、自分自身も資格試験の受験生をしております。  平日は朝に出勤前に1時間。帰宅後3時間勉強。  休日は8時間以上は勉強しております。  受験生活をしていく中で重要と感じることは「ストレスをためない」こと。それと「やりたくてやっている」と認識することと感じます。 ...

 受験生の方を指導していく中で喜ばれていることは、「実務の話」になります。  私は税理士法人から大手商社の経理部にいますが、簿記が実務でいかに役立つかを事例をあげて説明すると大変喜ばれます。  例えば、原価計算のCVP分析は問題では 「損益分岐点売上高はいくらになりますでしょ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、日商簿記1級試験レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ