サイタ資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記1級試験大阪 めざせ日商簿記1級合格講座 スクールブログ 商品評価損って...

商品評価損って、どうやって評価損を認識するの!?。

日商簿記1級検定・商業簿記の試験で期末商品の評価替を行う問題が出題されますが、低価法評価損、品質低下評価損、商品陳腐化評価損って、どうやって評価損を認識するの!?。

日商簿記1級、及び2級の検定試験で出題される評価損は、問題の指示に取得原価と時価(正味売却価額)が与えられていますので、原価と時価を比較して、時価の方が低ければ、時価(収益性の低下)で評価を行う事により商品評価損(商品低価法評価損)が計上されます。

現在では、新品の価額や中古品の価額は、アマゾンやYahoo!オークションの金額を参考に販売価額を決定している商品が多いため、同商品の値崩れ(低価法)による販売価額が時価の参考価額なっている場合が多いようです。

次に、商品品質低下評価損は、商品そのもの自体が汚れたり、色褪せが生じたり、棚ざらし状態により劣化したりしますので、商品自体の品質低下を企業サイドで評価すれば商品劣化評価額が算出されます。

最後に、商品陳腐化評価損の様に機能的に著しい価値の減少が生じたとか、流行遅れになって販売が不可能になったとかの問題は、どの様にして決定するのでしょうか!?。

携帯電話や電化製品等を買いに携帯ショップや電気屋さんに行くと、必ず『2018年春版』とか『2018年秋版』のカタログや、通販も同様に『2018年〇版』というカタログがあります。

そして、このカタログをじっくり見てみると、今まであった商品がカタログから消えて、見た事もない、或いは型代りした新しい商品が記載されている場合があります。
この瞬間に陳腐化評価損を計上致します。

税務調査が入った時、商品陳腐化評価損や品質低下評価損の損金経理処理が認められるか否かは税務署との戦いになりますので、その時あなたが経理の責任者であれば責任を持って損金経理を認めさせて下さい。

私が国税局と戦った中で面白いものがありますので、ご紹介致します。

外壁工事(ペンキ屋)を行う会社に所属していた時、国税調査が入り、新品塗料(未開封)の在庫が沢山あって、『これ期末商品ですよね』って指摘されたんです。

当然、未使用材料になりますので期末商品たな卸高として計上しなければならなかったんですが、1円も計上していなかったため指摘されました。

国税局からすれば、この材料たな卸高分を期末商品たな卸高として計上すれば売上総利益が増加する訳だから追徴課税が出来る訳です。

それを期末商品たな卸高に計上しなかった理由は、塗装材料の賞味期限が切れていたため資産価値として評価がなかったから計上していなかったんです。

国税局からすれば、まさか塗料材料(ペンキ)に賞味期限があると認識していない訳です(ペンキが賞味期限になると油が浮いてきて素材と分離してしまうのです)。

後日、一斗缶に賞味期限が記載されているのを確認してもらい、一件落着となり追徴課税にならなかった訳です。

先程のカタログから商品陳腐化評価損を計上した時は、携帯ショップの会社に所属していました。

もし、皆さんが棚卸商品を扱っていて会社で経理を担当しているのであれば、評価損を損金経理したい場合は、税務調査が入った時に損金経理した理由を理論的に説明出来る様にバックアップ体制を整えておいて下さい。


 

(2018年7月24日(火) 0:31)

前の記事

次の記事

新着記事

日商簿記1級の出題範囲改訂について!!。 日商簿記1級の試験は、特に出題範囲が規定されている訳でもなく、いきなり新傾向の問題(範囲)が試験に出題されたりする場合があります。 その中で、昨日の日商簿記3級試験範囲改訂説明会であった日商簿記1級に影響する箇所をお知らせいたします。 ...

第152回(2019年6月実施)日商簿記1級検定試験受験向けの受講生募集を開始致します。 日商簿記検定試験の最高峰『日商簿記1級』の資格取得に向けて、ゆったりと、たっぷりと時間をかけて、今から1発合格を目指して受験勉強を始めてみませんか!?。 そんな意欲のある方の望みをお手伝いする...

 この度、サイタ受講生の方で、見事!!第149回日商簿記1級に合格された方の『合格体験記』です。  無理言って書いて戴きました。  全国の日商簿記1級の合格を目指される方に、少しでも励みになればと思います。 『合格体験記』  過去に141回・143回・147回と受験ましたが、い...

決断の時!!。第150回日商簿記検定試験の申し込みが9月初旬から始まります。 平成30年11月18日(日)実施の第150回日商簿記検定試験の申し込みが9月初旬から各商工会議所で開始されます。 簿記の受験勉強を始めようとされている方、リベンジをお考えの方、決断すべき時期が迫ってきてい...

平成30年6月10日(日)に実施された日商簿記1級の合格者が2名出ました!!。 1名はサイタ受講生の方で、もう1名は企業研修の受講生です。 【結果内容(合格率100%)】   日商簿記1級講座 サイタ受講生1名、企業研修1名(地方銀行)   ⇒サイタ受講生1名 70点で合格(合...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、日商簿記1級試験レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ