サイタ資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記1級試験大阪 めざせ日商簿記1級合格講座 スクールブログ 原価と費用(製...

原価と費用(製造原価と期間損益)の関係

日商簿記1級検定試験の会計学で出題される出題は、記述問題1問(〇〇について述べなさい)だけが出題されていましたが、昭和50年代頃から出題形式も変わり、記述問題と計算問題が数題出題される様になりました。

記述問題も虫食いの問題であったり、〇×方式の問題だったりと数種類の形式がありました。
その中で〇×方式の問題は、正しいものには〇、間違っているものには×、×の場合は、さらに理由も記述しなければなりませんでした。
当然、全問〇か×の回答にしてしまうと0点になります。

〇×問題の中で『なるほどな~』とうなずく様な面白い問題がありました。

『減価償却費は、全額当期の会計期間の費用として計上される』〇か×か!?。
答えは、×です。

理由は、
製造間接費として計上された減価償却費は、完成すれば完成品原価を構成し、月末仕掛品の場合は月末仕掛品の原価を構成します。
完成品が売れた場合、売上原価として期間費用に計上されます。

つまり、販売費及び一般管理費として計上される減価償却費(本社建物、備品、車両等)は当然に費用として計上されますが、製造間接費として計上された減価償却費(工場建物、製造用機械、工場用備品等)は、当期中に販売されれば売上原価として当期中の費用になりますが、売れ残った製品、未完成の製品(期末仕掛品)原価に含まれる減価償却費は販売される翌期に持ち越されるため、資産として繰り越されます。

この資産に含まれる減価償却費があるため、全額当期の費用にはならないと言う事です。

だから、答えは×になります。

この様に日商簿記1級の試験にもなると、ただ解答だけを考えるのではなく、ひとつひとつの計上される金額には何らかの意味を持って発生している訳なので、いろんな角度から見下ろして理屈(会計理論)を考えてみましょう。

 

(2018年7月18日(水) 14:46)

前の記事

次の記事

新着記事

日商簿記1級の出題範囲改訂について!!。 日商簿記1級の試験は、特に出題範囲が規定されている訳でもなく、いきなり新傾向の問題(範囲)が試験に出題されたりする場合があります。 その中で、昨日の日商簿記3級試験範囲改訂説明会であった日商簿記1級に影響する箇所をお知らせいたします。 ...

第152回(2019年6月実施)日商簿記1級検定試験受験向けの受講生募集を開始致します。 日商簿記検定試験の最高峰『日商簿記1級』の資格取得に向けて、ゆったりと、たっぷりと時間をかけて、今から1発合格を目指して受験勉強を始めてみませんか!?。 そんな意欲のある方の望みをお手伝いする...

 この度、サイタ受講生の方で、見事!!第149回日商簿記1級に合格された方の『合格体験記』です。  無理言って書いて戴きました。  全国の日商簿記1級の合格を目指される方に、少しでも励みになればと思います。 『合格体験記』  過去に141回・143回・147回と受験ましたが、い...

決断の時!!。第150回日商簿記検定試験の申し込みが9月初旬から始まります。 平成30年11月18日(日)実施の第150回日商簿記検定試験の申し込みが9月初旬から各商工会議所で開始されます。 簿記の受験勉強を始めようとされている方、リベンジをお考えの方、決断すべき時期が迫ってきてい...

平成30年6月10日(日)に実施された日商簿記1級の合格者が2名出ました!!。 1名はサイタ受講生の方で、もう1名は企業研修の受講生です。 【結果内容(合格率100%)】   日商簿記1級講座 サイタ受講生1名、企業研修1名(地方銀行)   ⇒サイタ受講生1名 70点で合格(合...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、日商簿記1級試験レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ