サイタ資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記1級試験大阪 めざせ日商簿記1級合格講座 スクールブログ 10年後に無く...

10年後に無くなる仕事、無くならない仕事!?。

10年後に無くなる仕事、無くならない仕事を見ていると、これらの仕事は、すべてロボット(AI知能)が代替で仕事をするらしいです。

その10年後に無くなる仕事の中で経理関係の仕事見てみると、
① 一般事務員の仕事
② 経理事務の仕事
③ 医療事務の仕事
④ 銀行窓口の仕事
が、列挙されています。

また、10年後に無くならない仕事に、経営コンサルタントの仕事は無くならないそうです。

皆さん、上記の仕事見て、どう感じられますか!?。

不思議な事に、10年後無くなる仕事、10年後無くならない仕事の中に、税理士、公認会計士、社会保険労務士、中小企業診断士、弁護士、司法書士の仕事はどちらにも含まれていないのです。

10年後に無くなる仕事、無くならない仕事って、誰が決めているのでしょうね。
この仕事を発表している人は、これらの業務をすべて実務で経験して公表しているんだろうか?。

上記の10年後無くなる仕事の中に医療事務の仕事が含まれています。
今後、病院ではロボットが受付の代替手続きや質問を受付たりするらしいです。
いや、現実にしているらしいです(少数ですが)。
これは、私が平成30年4月末まで病院で総務経理の仕事をしていたのですが、そこである企業からロボット(AI知能)を導入しませんかと言う営業の電話が有ったので興味本位で聴くことにしました。

話を聞いてみると、営業トークかもしれませんが、『今、いろんな病院でロボット活用して患者さんからの受付や診療の質問対応をしていますよ』って事でした。

この内容を聞いて、その営業担当に突っ込んで質問をしてみました。
『患者さんの受付対応をしたり、診療の質疑応答が出来る人工知能が兼ね備えられているんですか?。』
すると、
『病院によって診療科目が違うので、各病院で人工知能のデータを打ち込んで(入力して)もらわないと駄目です。』
と言うんです。
素人の総務経理の担当者が入力できるはずがないじゃないか!!と言うと、返ってきた答えが『いや、先生に入力してもらうんです』だって。

患者さんがどんな質問をして来るかわからないのに、いろんなことを想定して、何億という単語や質疑応答文を入力している時間もないし、医者(先生)はそんなに暇じゃない。

ロボットを売る目的で営業に来ている人間が、人口機能を兼ね備えたロボットが、何処まで業務に従事できるか分かっていないの、平気で商売をしてくる。

もし、ロボットが一般事務や経理事務の仕事を人間に変わって代替業務するならば、誰がロボットに業務指示を入力するんでしょうね。
社長か。
社長には、そんな時間的余裕はない!!。

皆さんも、めざされる資格取得を決めるときに不確かな情報を真に受けて翻弄されない様に注意して下さいね。

 

(2018年7月3日(火) 19:12)

前の記事

次の記事

新着記事

2018年総決算/日商簿記検定試験結果!!。 2018年3月からサイタで、2月からは企業研修等の個別レッスンを実施し、年内に2回の日商簿記検定試験が実施されました。 改めて、総決算と言う事で結果報告を致します。    『2018年6月8日(日)実施の第149回日商簿記検定試験結果...

2019年6月9日(日)実施予定の第152回日商簿記1級受験向けの受講生を募集しております。 来週頃から、2018年11月18日(日)に実施された第150回日商簿記1級の合格発表が出る頃でしょう。 惜しくも合格を逃してしまった方、じっくりと次回の合格を目指してリベンジしてみませんか...

平成30年11月18日(日)実施の第150回日商簿記1級検定試験について、試験内容の難易度はどうだったのか!?。 受験された皆さんは、今回の試験の難易度は如何でしたか!?。 とあるところのアンケート集計(平成30年11月30日(金)現在)状況では、 1.商業簿記の試験   ① ...

風が冷たくなって、本当に冬がやって来るんだな~~と実感する様な今日の寒さ。 年末も近づき新しい年に向かって時計の針はコツコツと進んでいます。 さあ、2019年6月の日商簿記1級検定試験の合格証書は新元号の元年の記念すべき合格証書だ!!。 特にこだわりがなければ問題は無いが、合格証書に...

第150回日商簿記検定試験も終わり、早く気持ちを切り替えて、今後の受験計画(方針)を立てましょう!!。 2019年2月24日(日)実施の第151回日商簿記検定試験を受験するのか!? それとも、 2019年6月9日(日)実施予定の第152回の日商簿記検定試験をするのか!? 早く気持ち...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、日商簿記1級試験レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ