全国5万人が受講している「サイタ」

簿記試験1級講座・スクール

簿記試験1級講座・スクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記1級試験東京 日商簿記1級道場 スクールブログ 簿記を始める動...

簿記を始める動機

こんにちは。
今回は初のブログということで、私が「簿記を始めた動機」について書きたいと思います。
このブログをご覧になっている皆様は、これから初めて簿記を始める方が多いと思います。

「なんか必要に迫られて簿記を取得しなくちゃいけなくなったけど、簿記なんて言葉初めて聞いたよ…」

私もそうでした。大学時代、商学部の友人が単位のために簿記を勉強しておりましたが、他学部だった私は簿記という言葉を調べることさえもしませんでした(苦笑)。大学時代は簿記とは無縁だったわけです。

そんな私が簿記に出会ったきっかけは、就職してからでした。当時の私は営業担当として、与えられた予算内でいかに売上を伸ばすか、ということのみに奮闘しておりました。
しかし、ある時、会社の方針として「利益○○円を目指す」という通達が出た時にふと思いました。

・今まで与えられた予算内でやりくりしていただけなのに、利益なんてどうやって追いかければいいんだ?利益の定義ってなんだ?
・そもそも自分が稼いだ売上は、会社にとってどれほどのインパクトがあるんだ?
・会社って、結局のところ何を目標に動いているの?

…などなど、今まであえて振り返らなかった疑問が抑えられなくなり、決算資料をこの時人生初めて読みました。しかし、当然わかるはずもなく、もやもやした気持ちでいっぱいになりました。
「自分が会社の何の役に立っているのか」
それさえもわからないまま、明確な目標無いまま就職し、そこから自分のやりたいことを見つけるなんて、当時の私には不可能でした。

そして行き着いた結論は…

「多くの人は会社や世の中がどう動いているのかわかっていない。だから自分のポジションやビジョンが定められない。」

…と勝手に想像しました。(ご気分を害された方がいたら申し訳ございません。あくまで、勝手な想像です。)
だから私は将来、世の中の仕組みを教える者になり、1人でも多くの人が、世の中の流れを理解して、後悔のない選択をしていけるよう、次世代を育てていきたい。そのためには自分がプロにならなければ…!

と考え、今現在、公認会計士試験資格取得に向けて勉強中です。

長文にお付き合い頂き有難うございました。

 

(2013年9月24日(火) 22:34)

次の記事

この記事を書いたコーチ

決算資料の読み方からじっくり指導。2級~3級の復習から合格まで

ブログ記事 ページ先頭へ