サイタ音楽教室ギター教室ボサノバギター東京 ノヅボサノバギタースクール スクールブログ 楽器を上達する...

楽器を上達するために必要なこと

楽器演奏の上達のためには毎日練習した方がいいと思います。
子供のころバイオリンとかピアノとかの楽器を始めた人は、きっとみんな毎日練習していたのではありませんか?
でもなかなかこれは難しい。
楽器が好きで始めたとしても毎日というのは大変ですよね。
まして大人から楽器を始めた人に「毎日練習してください」というのはコクかもしれません。

昔からよく言われていることですが、「練習しなくても必ず1日1回は楽器に触ること」というのがあります。
皆さんは聞いたことありますか?
これは運指とかロングトーンの練習が出来ない日でも、楽器を拭いたりとか、とにかく触るだけでも、楽器と接しておいた方がいいということです。

私は脳科学者ではないので以下は仮説(?)ですが、「楽器を実際に演奏しなくても、触った時に、以前練習していた時のことが、潜在意識のレベルで思い出されることがあるのではないか」ということです。
何日も楽器に触れないでいると、次に触れたとき「あれ?なんか違和感がある。私の楽器だっけ?」なんて感じた人はきっと多いと思います。
これは楽器の感覚を忘れてしまっているからですね。
こうなると元の感覚まで戻すのに多少の時間が必要になります。
毎日触れるだけでこのような感覚は減ると思います。
練習で出来るようになったことを忘れにくくなる、ということもあるでしょう。

楽器を上達するためには、できるだけ楽器に触れましょう。

ぜひお試しあれ。

 

(2014年4月13日(日) 15:16)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ボサノバ暦30年、バンド活動やライブも。ゆったり楽しくレッスンします

新着記事

何年か前のことですが、知り合いのギター教室の発表会を見に行った時のことです。 小学1年生の演奏後の休憩時間に、トイレで2人の50~60代男性が立ち話をしていて、 A「いやー小さいのにすごいもんだね~。私も若いころからギターをやっておけばよかったよ。」 B「今からでも始めればいいじゃないで...

「デサフィナード」はよくボサノバで演奏される曲ですね。知ってる方も大勢いると思います。 ちょっと調子っぱずれという意味なのですが、わざと調子を外して歌っているのか、ホントに調子が外れているのか、微妙な人にはコワイ曲? これは大丈夫でしょう。 仲間内で集まってつくってみました。 ソロ...

久しぶりに、ボサノバのソロを弾いてみました。 ギターソロというと、クラシックギターのように5線紙にかいた音符と格闘しなくてはならないのですが、これはちょっと違います。みんながよく知ってるコードを弾いてると、なんとなくメロディーも弾けちゃうよ、という趣旨でアレンジしてあります。 演奏している...

ボサノバギターを練習しようと思う人の中には、歌いながらギターを弾く、いわゆる「弾き語り」をしようとする人が多いと思います。 今日はそんな人向けに「キー」の話をしましょう。 ソングブックなどにはギターのコードが一緒に書かれているものがありますが、そのキーどおりでは歌いにくいときがあるかも...

楽器演奏の上達のためには毎日練習した方がいいと思います。 子供のころバイオリンとかピアノとかの楽器を始めた人は、きっとみんな毎日練習していたのではありませんか? でもなかなかこれは難しい。 楽器が好きで始めたとしても毎日というのは大変ですよね。 まして大人から楽器を始めた人に「毎日練習...

ブログ記事 ページ先頭へ