全国5万人が受講している「サイタ」

ボサノバギター教室・レッスン

ボサノバギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室ボサノバギター東京 ボサノヴァ・スクール・テハ スクールブログ 続イパネマの娘...

続イパネマの娘のアナリゼ

アナリゼまたはアナライズと言う音楽用語がありますが、ぶっちゃけ「分析」という意味です。
前回のブログでボサノヴァの名曲「イパネマの娘」のサビのアナリゼが中心になってしまいましたので、これでは片手落ちと思いここでは曲の前半部のアナリゼを書いておきます。

イパネマの娘の前半部コード進行は・・・・・

F→G7→Gm/C7→Fとなっています。

普通ならFのKeyなのでFのスケール(ファ、ソ、ラ、♭シ、ド、レ、ミ、ファ)でアドリブできるかと思いきや・・・・な!なんと最初のF→G7の部分だけCのスケール(普通のドレミファ・・・)なのです!
理由はG7。
普通ならG7→Cのコード進行になるのでG7が出たところでCの容疑が固まったと言っても良いでしょう。
最初のFは捜査を霍乱するためのトリックなのです。
現に誰かにF→G7のコードを伴奏してもらいCのスケールで弾いてみてください。
おおおおおお!なんとピッタリ合うではないですか!試しにFのスケールで弾くと・・・♭シの音が明らかに外れて聞こえ邪魔です。

しかしこの曲にはさらなるトリックが・・・・・「よし!これはCのスケールで行けるぞ!」と思わせておいてGm/C7→Fの部分はFのスケールなのです。(笑)
なんたる知能犯!

まとめます。
「イパネマの娘」のアドリブをする時はF→G7の部分はCのスケールで・・・Gm/C7→Fの部分はFのスケールで弾くとピッタリ合います。
お試しあれ!

 

(2013年7月31日(水) 14:25)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

本場リオ・デ・ジャネイロに留学。基本のリズムからじっくりレッスン

ボサノヴァ・スクール・テハ
山川義幸 (ボサノバギター)

品川・五反田・渋谷・新宿・高田馬場・池袋・町田・吉祥寺・中野・高円寺・阿佐ケ谷・荻窪...

ブログ記事 ページ先頭へ