サイタ音楽教室ギター教室ボサノバギター東京 ボサノヴァ・スクール・テハ スクールブログ ボサノヴァの発...

ボサノヴァの発明者ジョアン・ジルベルトの奇行。

奇行と言うと誤解を招きますが実はボサノヴァを世界で初めて発明されたジョアン・ジルベルトは絶対音感と当時では群を抜いた音楽性を持つがゆえに、その行動が周りの人達には奇行として見えたようです。
例えば、これから初のシングル・レコードを出しデビューを飾る新人の立場で、そのレコーディングからプロデューサーやバックのオーケストラに文句を言い注文をつけるという、ずうずうしさは持たれてたようです。

その奇行のひとつに現在では常識となっている歌にマイク1本とギターにマイク1本というスタイルがありますが、これは多分ジョアン・ジルベルトが世界で最初に行ったスタイルです。
それまではプレスリーのライブ映像を見てもわかるように皆さんスタンド・マイク1本立てて、その前でギターを弾きながら歌も歌ってました。
これが音楽業界では当時、常識だったのです。

ところがジョアンは歌声と伴奏のギターの音量が同等でなくてはならない・・・同等になった時、必殺の空手の一撃になるのだ!というポリシーをまだデビューもしてない新人で初のデビューレコードのレコーディングをしてる最中にずうずうしくも要求されました。

当然、当時のレコード会社の上役達は「まだレコードも出してない新人が何を言うか!」と大反対したそうですがジョアンを買っていたアントニオ・カルロス・ジョビン(当時ブラジルの某有名レコード会社の新人発掘とアレンジのプロデューサーを務めてたそうです。)の尽力でジョアンの意見(わがまま?)が最後には通り現在では当たり前の歌にマイク1本。ギターにもマイク1本というスタイルが確立される事となったのです。

皆様初耳でしたでしょうか?

ボサノヴァという音楽は底知れぬ影響を現代ポピュラー音楽に与えてます。

 

(2012年11月29日(木) 1:46)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

本場リオ・デ・ジャネイロに留学。基本のリズムからじっくりレッスン

新着記事

個人的なお話ですが僕が初めてボサノヴァに出会ったのは1980年代前半、沖縄より遥か南にある小浜島に出来た当事YAMAHAのリゾート施設「はいむるぶし」でした。 ラウンジ・シンガーとして1ヶ月と11日間そこに滞在しましたが当然レコード店などなくTVはNHKの人形劇プリンプリン物語が唯一見られる...

アナリゼまたはアナライズと言う音楽用語がありますが、ぶっちゃけ「分析」という意味です。 前回のブログでボサノヴァの名曲「イパネマの娘」のサビのアナリゼが中心になってしまいましたので、これでは片手落ちと思いここでは曲の前半部のアナリゼを書いておきます。 イパネマの娘の前半部コード進行は・...

みなさん夏ですね!ボサノヴァの似合う季節になりました。 ボサノヴァは聞いてるかぎり心地良く滑らかに思えますが実はコード進行がフォークやロックと違いとんでもない曲が多くあります。 例えば一番有名な曲「イパネマの娘」ではFから始まるのでFのKyeと思ったら次のコードがG7!!!!これではFに落...

まず決して力んだり大声を張り上げようなどとは思わず肩の力を抜いてゆったりとしましょう。 僕がブラジルはボサノヴァの発祥地リオ・デ・ジャネイロで学んだことはリオっ子(カリオカ)は東京の生活リズムの半分以下・・・いや、それよりも遅くゆったりとしたテンポで生活してます。 そんな暮らしの中でボサノ...

それは国外から入って来た音楽を1年も経たないうちにブラジル色に染めて新しい音楽として国外へ発信できる消化吸収能力です。 もともとブラジルはポルトガルの植民地で独立して後は世界中から移民者がやって来てお互い違う文化や風習が見事に溶け合い現在までのブラジル文化を形成してきたのですから当然、異文化...

ブログ記事 ページ先頭へ