サイタ英会話教室初心者向け英会話教室神奈川 入門英会話 スクールブログ 海外で通じない...

海外で通じない和製英語 その1

 年に何回か海外旅行をしていると自分が話している英語がぱったり通じない時があります。それは大体が『和製英語』なんです。私はこれでも英検準1級取得者なんですが、テレビとか、いろんな商品のコマーシャルを見たり、日本で普通に話している調子でいるとちゃんとした英語では通じない言葉を使って変な顔をされたりして、改めて説明してやっと理解してもらえるという過程をたまに経験します。
 例えば、「ノートパソコン」これは"laptop"(ラップトップ)でしか通じません。それと、「コンセント」この言葉は携帯やパソコンの充電に海外のホテルで思わず口に出して、"What ?" と言いかえされた経験はないでしょうか。そうなんです、"consent"は「承諾します」を意味します。壁にへばりついている2穴の器具ではありません。正しくは"outlet"とか"socket"と言います。
 国内ではごく普通に通じているのに海外では知らん顔されるなんてちょっとイラっときますよね。国際人であると自負している私はへこんでしまいます。
 また気が付いたら私のドジ経験談になりますが、英会話の"rush up(上達)"にご紹介したいと思います。
 Good luck !

 

(2018年5月31日(木) 16:51)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

京都外語大卒、丸紅勤務も。「耳」重視で正しい英語と使える英語

目的・種類別に初心者向け英会話教室・スクールを探す

新着記事

 今年の夏は特別暑い夏ですね。この時期、家族でアメリカコロラド州コロラドスプリングスの涼しい保養地で孫たちと楽しむ予定でしたが、仕事の都合で留守番になってしまい、残念です。出来れば、3人の孫たちと色々話をしたかったのですが、たまに送られてくる写真か動画で雰囲気を感じることぐらいしかできません。...

 年に何回か海外旅行をしていると自分が話している英語がぱったり通じない時があります。それは大体が『和製英語』なんです。私はこれでも英検準1級取得者なんですが、テレビとか、いろんな商品のコマーシャルを見たり、日本で普通に話している調子でいるとちゃんとした英語では通じない言葉を使って変な顔をされた...

 専らコマーシャリズムにのって復活祭(イースター)に因んで、またもやチョコレートが頂ける季節、春がやってまいりました。2018年は4月1日がイースターにあたるようです。キリスト教徒の方々は長い冬が明けて、やっと暖かい春へと変わる季節をお祝いするとアメリカの親戚から聞いたことがあります。その日は...

 仕事がらアメリカ人のお客様とお話をする機会が多いのですが、立場上ていねい語とか謙譲語を英語で伝える必要があります。ある日、相手の方が"Could I wait over there?"(あっちで待ってていいですか?)とすごく丁寧に話しかけられ、ちょっと恐縮したことがありました。英語でも日本人...

“ Were you thinking of December or January, when you go traveling ?” こんな言い回しご存知でしょうか? 実は旅行に行く際に12月か1月かどっちにしようかと言う聞き方なんですが、相手がまだどうしようかなと決めかねている場...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、初心者向け英会話レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ