サイタ英会話教室初心者向け英会話教室大分 キャロット初心者向け英会話教室 スクールブログ 音読から暗唱へ...

音読から暗唱へ 体で覚える英会話

前回音読について書きましたが、そのことについて少し補足をいたします。

正しい音読ができるということは、その英文をよく理解できてるということになります。単語の意味、発音、文の構造が理解できてこそしっかり音読ができるということです。

私は過去中高生の家庭教師も行ってきましたが、伸びる生徒さんは音読がしっかりできます。それは単語の意味、発音を調べるなど予習ができているからです。そして宿題を必ずこなしてから授業に臨みます。だから授業がとても充実したものになります。

逆に1週間宿題も予習もせずに授業に臨まれると大変です。それまでにやっておくべき内容を授業中にすることになるからです。

英会話においてもレッスンの時間が最高に生かされるためには生徒さんの日々の努力が大切です。教材に目を通し、音読、暗唱などをされた上でレッスンに臨んでいただければ、レッスン時には相手が必要なロールプレイング、細かい発音指導や質問にお答えするなど中身の濃いレッスンを行うことができると思います。

留学や海外滞在をせずに日本で英会話を身につけるためには意識して英語に触れる時間をできるだけ多くする必要があります。沢山聞いて、音読、暗唱すればする程自分の身についていきます。体で覚える感じになっていき、身についたフレーズが自然に口から出てくるようになっていきます。

その方に合った教材(教材についてはアドバイスさせていただきます)で自主学習された上でレッスンに臨まれることにより、上達のスピードも格段に変わってくることと思います。

努力はあなたを裏切りません。

"Practice makes perfect."です。

 

(2018年5月25日(金) 22:12)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

英語学校講師を経験!商社勤務やヒューストンへの留学を元に楽しくレッスン

ブログ記事 ページ先頭へ