サイタ英会話教室初心者向け英会話教室東京 Amy's英会話教室 スクールブログ これからはネイ...

これからはネイティブではなく、「世界に通用する英語力」 ~スクール再開しました!~

みなさま、ご無沙汰しています!


非常にお待たせしました!Amy's英会話、3年ほどお休みをいただいておりましたが、この度東京で再び開講する運びとなりました!

なんだかんだで、個別レッスンで英会話を教え始めてから7年目に突入しました!
自分でもびっくりです、月日が流れるスピードに日々驚いています(笑)


5年前、東京から名古屋に引越し、名古屋の大学院で留学生に混ざりながら毎日英語で授業やゼミを受け、レポートや試験も英語で受ける、という、いわば国内留学のようなことをしていました。周りも留学生だらけなので、日々ふつうに英語を使って生活をしていました。


そこで、今まで以上に「世界で通用する英語」というのが身に付いたような気がします。

私の通っていた大学院はアメリカやヨーロッパの学生よりもアジア、南米、アフリカなどからの留学生が大半を占めていました。
そのため、いわゆるネイティブスピーカーはほとんどいません。教授も日本人なので、英語では授業しますが、ネイティブではありません。

大学3年のときに私はアメリカに留学していたわけですが、そこでは必死に「ネイティブ」の英語を習得しようと必死だった記憶があります。

でも、大学院で世界中の人たちと共に学び合っていく中で気づいたことがあります。

それは、英語はあくまでも「ツール」でしかないこと。伝えたいことがまず第一にあって、そのために英語という共通語を介してコミュニケーションをはかる。

はっきり言って、留学生たちの英語はめちゃくちゃです(笑)
文法はハチャメチャだし、訛りは強いし、特にインド人の英語は本当に慣れるまで聞き取るのに苦労しました!笑

いくら自分がネイティブに近いきれいな英語を話せても、相手の英語を聞き取れなかったり、相手に伝わらなければコミュニケーションは成り立たないのです。

逆に言うと、必ずしもネイティブに近い英語を身につけなくても、コミュニケーションのコツさえ押さえれば、コミュニケーションは取れるのです。


当たり前のことのようで、当時の私にとっては目から鱗でした。


これまで、老若男女問わずたくさんの生徒さんと一緒に楽しく英会話のレッスンをしてきました。
その中で私が大切にしてきたことは「楽しく学ぶこと」、「勉強するんじゃなくて身につける/学ぶこと」、「興味のある分野から始めること」です。

いろいろな生徒さんのニーズに合わせて、それぞれ違うアプローチでその人に合ったやり方で、時には雑談も交えながら、ひとつひとつのレッスンを大切に提供してきましたし、これからもその所存です。


これらのスタンスは変えずに、今後は「世界に通用する英語力」をもっともっと広めていきたいと思っています^^


これからも、みなさま、「Amy's英会話」をどうぞよろしくお願いします!

ぜひ、気軽に体験レッスンのお申し込みをしてみてください^^お待ちしてます♪


コーチ
加登あみ

 

(2018年3月30日(金) 16:49)

前の記事

この記事を書いたコーチ

上智大学在学時にUCLAに留学。多趣味で旅行・テニスの他アメリカ手話も

Amy's英会話教室
加登あみ (初心者向け英会話)

四ツ谷・吉祥寺・三鷹・中野・高円寺・阿佐ケ谷・荻窪・新宿西口

ブログ記事 ページ先頭へ