サイタ英会話教室初心者向け英会話教室東京 エビケンの初心者向け英会話教室 スクールブログ 海外ドラマで英...

海外ドラマで英会話力アップの秘密!(続)

英会話力をアップしたい皆さん、こんにちは!

前回の記事はジャンル1位(2018/2/21現在)を頂きました。
沢山の方に読んで頂いたようで有難うございます!

さて、前回の記事で予告させていただいた、次の部分の続きを今日は書きますね。



★☆★☆前回の記事の終わりの部分★☆★☆
適切な海外ドラマを使えば、例えば受験以来全く英語は忘れちゃったという人でも、90日で一人で苦労せずに旅行するなんてことも(もちろん試験対策としての英語力アップも)を十分可能なんです。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



私が海外ドラマが英会話力アップに使えると気づいたのは突然でした。

それは不死身のテロ捜査官ジャックバウワーが主人公のドラマ「24」を見ていた時です。

当日サンフランシスコに住んでいたわたしは日頃出会う友人に、分からない言い回しがあったので、聞いて見たんです。


私 :昨日の「24」見た?

友人:もちろん。今回もあり得ないぐらい不死身だったよね〜

私 :そうそう。やつは不死身のジャックバウワー(笑)
   ところで、昨日、ジャックバウワーが言ってたフレーズで
   意味がわからない所があったんだけど、聞いてもいい?

友人:もちろん!

私 :それは大統領に向かってジャックが「With all due respect」って
   言ってたんだよね。withも、allも、dueも、respectも、
   それぞれの単語の意味は分かるんだけど、
   あのシチュエーションで何故この単語を続けて使っているのか、
   意味がわかんないんだけど・・・

友人:・・・・説明つかないな・・・


彼はスペイン系アメリカ人。
実はスペインのベルリッツで英語を教えていた、外国人から英語について聞かれることに慣れている英会話の先生です。

当然ながら彼は何故、ジャックがwith all due respectと言ったかを理解しています。

でも私に他の言葉で説明することができませんでした。

そこで、私はドラマを何回も見返して、ジャックが言ってたことは何だったのか、何度も何度も聞き返しました。

実は、「24」の中でこのwith all due respectという表現は結構よく使われています。

最初に見たシーンで意味がわからなくても(と言っても単語は聞き取れています)、同じフレーズが使われている他のシーンもたくさん見ているうちに、

「あ〜そういうことか!」

と閃いたんです。。。

そして、同時にこういうことにも気づきました。

「これって日常的に使えるじゃん!」


これが私がドラマが英会話力アップに非常に効果的だと気づいた瞬間です。

これに気づいて以来、わからないフレーズがあれば何回も何回も見返します。

すると、ドラマの主人公と自分がダブり出してきて、前後のセリフの間を埋めるとしたら、自分だったらどう言うか?

と言う形で分からなかったフレーズが、ストンと腹に落ちるんです。

そして、その腹に落ちた理解を他のシーンにも当てはめて、意味が違っていないか確かめます。

海外ドラマを使うとこの様に、アルファベットとしての英語ではなく、日常シーンの中での表現という形の英語になリマス。

類似シーンに出くわした時に、日本語から英語に変換するのではなく、英語がそのまま出ててくようになるんです。

私はこれを高校生2人、大人2人にやって見ましたが、いずれも英会話なんてとても出来ないと言ってたのに、3ヶ月もすると英語で会話をすることにほぼ抵抗が無くなっていました。



長くなったので、うまく伝わったかどうか分かりませんが、海外ドラマを使うと短期間でも英会話力を飛躍的に向上させることができるようになる秘訣の1つを説明させていただきました。


実は、海外ドラマを使うと短期間でも英会話力がアップする理由はまだまだあります。

でも、それは体験レッスンを申し込んでいただいた方にお伝えしますね(爆)

短期間で英会話力をアップさせたい方。
海外ドラマを使って英会話力をアップさせたい方。
ネイティブから仲間だと思われる様な英会話力をつけたい方。

どうぞ、体験レッスン(無料)をお申し込みください!



追伸:
そういえば、まだwith all due respectの解説をしていませんでした(笑

With all due respect = お言葉ですが

になります。

これ、外国人が上司の場合、非常に便利な言い回しだと思います。

多分、英和辞典を見てもこの訳は出ていないと思いますので、最後までこの記事を読まれた方は得しましたね!

ちなみに、「お言葉ですが」という表現には次の様なバージョンがあります。

With all due respect
With due respect
With respect

dueという英語は日本語に訳しにくいので、訳すのではなく利用シーンをそのまま覚えちゃったほうが使えますよ!

体験レッスンを申し込んでいただいた方には、この使い分けも説明します。

では、また!

海外ドラマで英会話力アップの秘密!(続)

(2018年2月21日(水) 15:41)

前の記事

次の記事

目的・種類別に初心者向け英会話教室・スクールを探す

新着記事

英会話力を向上させてたい皆さんへ こんにちは。コーチの海老原です。 <1.海外ドラマで会話力アップ> 前回、前々回のブログ記事で、英会話力アップに海外ドラマが使えるよ!というお話をさせていただきました。 あなたはもう、それらを見てみましたか? 今、TSUTAY...

英会話力をアップしたい皆さん、こんにちは! 前回の記事はジャンル1位(2018/2/21現在)を頂きました。 沢山の方に読んで頂いたようで有難うございます! さて、前回の記事で予告させていただいた、次の部分の続きを今日は書きますね。 ★☆★☆前回の記事の終わりの部分...

こんにちは、英会話コーチの海老原です。 いきなりですが、私のとっておきの英会話力アップのネタを披露します。 それは海外ドラマを使うことです。 「英語力アップ」と「英会話力アップ」というのは実は微妙に違います。 例えてみれば、「国語の点数が良い人」と、「面白い話ができる人...

初めまして。この度、サイタさん経由、英会話のコーチをさせていただくことになりました海老原と申します。 大学院を卒業してから、総合商社、ITベンチャーに勤務したり、イタリアやアメリカの会社の日本進出のお手伝い、あるいはシリコンバレーの企業動向や最先端の遺伝子工学サイエンスの情報収集などで、...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、初心者向け英会話レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ