サイタ英会話教室初心者向け英会話教室大阪 Mariの楽しい初心者向け英会話教室 スクールブログ 痛みの表現

痛みの表現

新年あけましておめでとうございます。

年末年始のお休みはいかがお過ごしでしたか?
私は不覚にも年末にぎっくり腰をやってしまい、初めて
寝正月を経験しました。

ぎっくり腰になった は I've got a strained back です。
I strained my back.((無理なことをして)背中を傷めた)
あるいは
I hurt my back. (背中を傷めた)
と言ってもいいでしょう。

I lifted a heavy thing and hurt my back.
(重いものを持ちあげて背中を傷めました)
 
痛みを表す言葉に ache と pain がありますが

ache はある程度長く続く痛み、我慢しようと思えばできる痛み、鈍痛に
使います。
Pain は急な痛み、鋭い痛みに使います。

ache は体の具体的な部分を付けくわえて
I have a toothache.(歯が痛い)

胃痛  stomachache
頭痛  headache

pain は体の部分に痛みがあるという言い方の他に
心の痛みにも使います。
I feel a pain in my leg.(脚が痛い)

I feel her pain.(彼女の心の痛みが解る)
It is painful to see that.(それを見ているのは辛い)

そのほかpain には苦労、骨折り、面倒だ、という意味もあります。
No pains, no gains.(苦労なしでは利益もない)
It is a pain in the neck.(それは面倒くさい、うんざりだ)
He is a pain.(彼にはうんざり)
She took a great pain to work there.(彼女はそこで大変辛い思いをして働いた)

体のあちこちが痛い場合は両方使って
I have aches and pains. という言い方もできます。

山登りや運動をして筋肉痛で体中が痛い場合は
sore という形容詞を使って

I'm sore all over. と言います。

sore はヒリヒリ痛いときや触って痛いときに使います。

I have a sore throat.(喉が痛い)
My muscles got sore.(筋肉痛になった)など。

皆さまにおかれましては、安全と健康をお祈り申し上げます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

Hope you have a terrific new year!!

 

(2018年1月6日(土) 11:18)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

講師歴12年!状況別ロールプレイや文法演習で、無理なく楽しく上達

Mariの楽しい初心者向け英会話教室
堀内麻里 (初心者向け英会話)

尼崎(JR)・西宮(JR)・芦屋・六甲道・三ノ宮・新長田・京橋・玉造・鶴橋・桃谷・桜...

ブログ記事 ページ先頭へ