全国5万人が受講している「サイタ」

初心者向け英会話教室・スクール

初心者向け英会話教室・スクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

英会話教室初心者向け英会話教室大阪 Mariの楽しい初心者向け英会話教室 スクールブログ 英会話トレーニ...

英会話トレーニング法の一つに

英会話習得で重要なことの一つが、発音練習。
で、発音も含め英語を覚えていくために大事なのが「音読」。
簡単なもの、短いものでいいので、
とにかく口に出して言ってみる練習をおススメします。

単語でも文章でもまずは少しずつゆっくりでいいので
言って、言って、口を英語の発音に慣らしていきましょう。


今日は口のトレーニングになるtongue twister(早口ことば)を
幾つか紹介します。

①She sells seashells by the seashore.
(彼女は海辺で貝殻を売っている)

②A big black bug bit a big black bear.
(大きな黒い虫が大きな黒いクマを噛んだ)

③How many cans can a canner can if a canner can can cans?
(缶詰作業員が缶に詰められるとしたら、何個の缶に詰められますか?)

④The thirty-three thieves thought that they thrilled the throne
throughout Thursday.
(33人の泥棒たちは木曜日の間ずっと王位をぞくぞくさせたと思った)

⑤Thirty-three thousand people think that Thursday is their
thirtieth birthday.
(33000人の人たちが木曜日が30回目の誕生日だと思っている)

⑥Peter Piper picked a peck of pickled peppers.
How many pickled peppers did Peter Piper pick?
(ピーターパイパーはたくさんの酢漬けの唐辛子を拾った。
 ピーターパイパーはいくつの酢漬けの唐辛子を拾ったでしょうか?)

それぞれ音の練習のためなので、文章には深い意味はありません。
例えば⑥番は"p"の発音練習のためのものです。
しっかりと強く息を吐き捨てるように"p"の音を出しましょう。

まずは、これが一番言いやすいかなというのを一つ選んで
発音を意識しながら練習し、つまらずに
スラスラと滑らかに言えるようになるまで頑張ってみましょう♪

 

(2017年12月3日(日) 10:53)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

講師歴12年!状況別ロールプレイや文法演習で、無理なく楽しく上達

Mariの楽しい初心者向け英会話教室
堀内麻里 (初心者向け英会話)

尼崎(JR)・西宮(JR)・芦屋・六甲道・三ノ宮・新長田・京橋・玉造・鶴橋・桃谷・桜...

ブログ記事 ページ先頭へ