全国5万人が受講している「サイタ」

初心者向け英会話教室・スクール

初心者向け英会話教室・スクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

英会話教室初心者向け英会話教室東京 初心者のためのクイーンズイングリッシュによる英会話レッスン スクールブログ 義務教育では教...

義務教育では教えない付加疑問文

付加疑問文は日本人が苦手としている文法の一つです。確認をする時の疑問文で、例えば・・You are cold, aren't you? 寒いのですか?You aren't cold, are you? 寒くはありませんよね?等の文章です。


初めに肯定の動詞が来たら後は否定、初めが否定は後が肯定と学んだかと思います。


ところが肯定+肯定の付加疑問文もあります。強い喜びや悲しみ、怒り等を表現したい時に使います。例えば、You've been to Japan before, have you? 日本に行った事があるのですね!?You fell over, did you? 転んでしまったのですか!?等の表現です。


また、let's を使用した付加疑問文を作る時はshall we を使用します。Let's go and have dinner, shall we? ご飯でも食べに行きませんか?I'll tell you, shall I? お伝えしましょうか?


まとめますと、否定+肯定、又は肯定+否定の付加疑問文はお願いをする時、肯定+肯定は強い感情を表す時、shall weは疑問文を丁寧にする時に使用します。


おまけ
日本人が付加疑問文が苦手なのは答え方が日本語と違うからであり、英語はどの様な疑問文でもyes/noは一緒です。例えば、You are busy, aren't you? Yes I am. 忙しいでしょう?はい、そうです。You aren't busy are you? Yes I am. 忙しくないんでしょう?いいえ、忙しいです。と言う様に日本語だと否定は「いいえ」になるのですが英語はyesでも否定になるのですよね。日本語は「いいえ」を嫌う傾向がありますが英語では肯定の時にも使用しますので注意しましょう♪

 

(2016年12月24日(土) 16:14)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

英生活12年!「英語が楽しい」の一言が何より嬉しい。小学生~就職にも

初心者のためのクイーンズイングリッシュによる英会話レッスン
島端美和 (初心者向け英会話)

東京・上野・御徒町・秋葉原・南千住・北千住・小伝馬町・人形町・茅場町・水天宮前・新御...

ブログ記事 ページ先頭へ