サイタ英会話教室初心者向け英会話教室神奈川 ビギンザビギン英会話 スクールブログ カタマリで考え...

カタマリで考え、喋り、聴くトレーニングを

英語を喋っているといろんなフシギワールドに出会えます。例えば「行く」を例に取ると「行けば」「行くとき」「行きたい」「行かなきゃ」….が英語表現では全部「ヒックリかえり現象」(If … go/When… go/…. want to go/…. have to go)になることです。「文化の違い」とはいえマカフシギ。けどよく考えてみると、非常に合理的というかカスタマー目線ともいえます。If…ときりだせば仮定の情報が、Whenで動作の途中、want to …でなにかをしたい、have to..でなにかをしなきゃ、、という「話の大枠の方向」がイノイチに歴然。日本語ではそうはいきません。「行く」の「行く末」(「行けば」の「ば」etc)まで聞いておかないと飛んでもない誤解も。。。この「重要事項先出方式」こそが多分英語の本質の大きな一つと考えております。これを理解すると、話すときも(聴くときも)一語一語のトツトツトーク(やヒアリング)から脱却、大きなカタマリ(文法でいう節)単位で捉まえることができ非常に便利かつ応用力も広がりますよ。少しの基本パターンを使えば主語と動詞を入れ替えるだけで全てのトークに適用可能。うちのクラスでは動詞をとても大事にし、「動詞を探し次に主語を選び、大事なことをまず言ってみるレッスン」を強調ながら楽しくやっておりますのでお試しを!

 

(2016年9月6日(火) 11:38)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

海外勤務9年!ロールプレイ重視で現地での会話を「楽しめる」レベルまで

目的・種類別に初心者向け英会話教室・スクールを探す

新着記事

例えば「趣味は(好みのメニューは、ハワイの目的は、会議の目的は、応募目的は)~」などでは、「余りにもハッキリした主語」が見えてしまうのでついつい機械的に「….be to…」 や「…be that+文章」を使ってみたくなりますがこの2つのパターンはほぼ「文語体」みたいなものです。契約書や見積書な...

日本人の英語の喋り方について外国人がどのような意見や希望を持っているか、私の生徒さんたちにお願いして「調査」いただきました。街角や駅では、外国人の方に呼び止められたりするチャンスがありますが、そんなときに「ついでに」インタビューいただくことにしたのです。続々と情報が届いておりますが英語を学習す...

まず日本語でのふつうの会話を思い起こしてみてください。恐らく「言いたいことを全部考え終わってから喋る」のではなく大概の場合①「とりあえず」しゃべり始め、次に②相手の「反応・出方・コメント」に応じた上で③話を「徐々に自分のテーマに戻して」喋る、こんな感じかと思います。英語も全く同じ。ただし英語の...

アジアの人やその他ノンネイティブの方と話す機会があればぜひ注意して聞いてみていだきたいのですが彼らが英語を喋ろうとするとき100%英語のみを使っているかというとトンでもありません。かならず随所に自然に、あたりまえに自国語を織り交ぜている(織り交ぜざるを得ない?)ことに気づくはずです。彼らも必死...

なにかを喋ろうとするとき「良い動詞を探す」ことは「単純なわかりやすい英語」を 喋る上でとても大事な作業であり私のレッスンでは最優先しております。けれども慣れないうちは「発見のための時間稼ぎ」が必要。「沈黙」せずに、喋っているように見せかけて考える方法をいくつもつかう必要があります。有名なのは...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、初心者向け英会話レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ