全国5万人が受講している「サイタ」

初心者向け英会話教室・スクール

初心者向け英会話教室・スクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

英会話教室初心者向け英会話教室神奈川 ビギンザビギン英会話 スクールブログ カタマリで考え...

カタマリで考え、喋り、聴くトレーニングを

英語を喋っているといろんなフシギワールドに出会えます。例えば「行く」を例に取ると「行けば」「行くとき」「行きたい」「行かなきゃ」….が英語表現では全部「ヒックリかえり現象」(If … go/When… go/…. want to go/…. have to go)になることです。「文化の違い」とはいえマカフシギ。けどよく考えてみると、非常に合理的というかカスタマー目線ともいえます。If…ときりだせば仮定の情報が、Whenで動作の途中、want to …でなにかをしたい、have to..でなにかをしなきゃ、、という「話の大枠の方向」がイノイチに歴然。日本語ではそうはいきません。「行く」の「行く末」(「行けば」の「ば」etc)まで聞いておかないと飛んでもない誤解も。。。この「重要事項先出方式」こそが多分英語の本質の大きな一つと考えております。これを理解すると、話すときも(聴くときも)一語一語のトツトツトーク(やヒアリング)から脱却、大きなカタマリ(文法でいう節)単位で捉まえることができ非常に便利かつ応用力も広がりますよ。少しの基本パターンを使えば主語と動詞を入れ替えるだけで全てのトークに適用可能。うちのクラスでは動詞をとても大事にし、「動詞を探し次に主語を選び、大事なことをまず言ってみるレッスン」を強調ながら楽しくやっておりますのでお試しを!

 

(2016年9月6日(火) 11:38)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

海外勤務9年!ロールプレイ重視で現地での会話を「楽しめる」レベルまで

ビギンザビギン英会話
高橋敏夫 (初心者向け英会話)

川崎・横浜・戸塚・渋谷・武蔵小杉・菊名・新横浜・桜木町・関内・石川町・新杉田・東戸塚...

ブログ記事 ページ先頭へ