サイタ英会話教室初心者向け英会話教室東京 ヒロの初心者向け英会話教室 スクールブログ 英会話の第一歩...

英会話の第一歩は、ジャーナル・ライティング(日記)がおすすめ!!

英会話、英会話と言うけれど、どこから手をつければいいのでしょうか?

街に出れば、大手書店には「英会話」と名を打った書籍が山のように並べられ、どれも良さそうだけれども、あまりにも多すぎてどれを選んだら良いのかわからない。たとえ、一冊選べても、内容が自分の生活と違っていると、「こんなこと、私、言わないし...」とまた書店に逆戻りすることもしばしば。

では英会話学校に行くと、グループレッスンでは、テキストはあるものの、自分が話せる時間は60分のうち5分あるかどうか。これで練習になっているんだろうか?と疑問が。

当方のおすすめは、ジャーナル・ライティングとその音読です。これは日記をつける感覚で、日々の出来事、身の回りの出来事について英語で書くという練習です。これによって、まとまりのある文章を組み立てる力がつきます。

でも、注意が一つ。最初から英語で書き始めてもよいのですが、頭の中に英語がかなりの量、入っている場合はいいのですが、そうでないと、学校で学んだ「英作文」をしてしまい、結局、英語らしい英語が書けません。ここは、「英文日記」の参考書を使って、自分が言いたい内容に近い英文を選び、その英文の一部を入れ換えて、自分の言いたいことを表現してみましょう。名づけて「入れ換え練習」です。

実際にやってみましょう。

"Today, I sat at my desk and studied for two hours before going to bed."

two hoursをthree hoursに、before going to bedをinstead of watching TVに換えれば、

"Today, I sat at my desk and studied for three hours (a record!) instead of watching TV."

「入れ替え練習」は正しい英文を基本にしていますので、間違えるリスクが非常に小さく、英語らしい英語が書けます。

そして、書き終えたら、音読しましょう。8回も音読すれば、覚えてしまいます。これが言えれば、「英会話」になりますよ。自分のことを英語で話しているのですから。

ちょっとしたことですが、続ければ、力になります。

最初から、基本となる英文が頭の中にないと、とんでもない英語を作ってしまいがちです。文の流れも日本語の発想で英語らしくない文になってしまいがちです。この「入れ換え作業」ならば、たとえ、間違いをおかしても小さいミスですみます。基本は正しい英文がベースになっているので当然です。

さぁ、やってみてはいかがでしょう。

当方のレッスンでは、ジャーナル・ライティングと音読練習で英会話のスキルを高めることもやっています。

 

(2016年8月11日(木) 12:05)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

外資系企業で30年以上勤務!楽しく無駄なく「生きた英語」を教えます

目的・種類別に初心者向け英会話教室・スクールを探す

新着記事

生徒さんからの質問でよくあるものの一つに、 「英語を勉強している人はたくさんいるのに、本当に出来るようになった人は少ないと思うんです。コーチはどうして出来るようになったんですか。出来るようになったターニングポイントは何ですか?」 です。なかなかレッスン中にこうした質問を受けても、レ...

最近、体験レッスンを受講される方に共通しているのが、英語の知識はある程度あるのに、それを活用して「話せない」生徒さんが多いのに気付きます。 ちょっと英語で話をしてもらうと、知っている単語を文法の知識で並べて英語を作っている感じがします。 英語教本等には、「最初のうちは仕方がない。...

今までたくさんの生徒さんの英語学習のコーチングをしてきましたが、「成果を出す人の共通点」があることに気づきました。体験レッスン時にも聞かれることがあるので、ここでまとめておきます。 成果をどのように捉えるかという問題もありますが、生徒さんの喜びの声から引用すると、 「英検1級に...

最近、体験レッスンを受講される方で、40代、50代の年齢層の方が増えてきた。 受講される方が異口同音に言われるのは、 「もっと以前からやっておけばよかった。もう仕事上で必要で避けて通れそうもない」 「いつか、仕事が一段落したら、やりたいとは思っていたが、一段落することは...

体験レッスンのお申込み、ありがとうございます。このブログ記事は、「体験レッスンを申し込んでみようかな」又は「英会話上達の裏技、知りたいな」と考えていらっしゃる方に向けて書いております。 「英会話上達」のコツというのは、実はあります。でも、多くの方の頭の中にある「裏技」のようなものではあり...

ブログ記事 ページ先頭へ