全国5万人が受講している「サイタ」

初心者向け英会話教室・スクール

初心者向け英会話教室・スクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

英会話教室初心者向け英会話教室愛知 Shodaiのゼロから英会話 スクールブログ こいつはつかえ...

こいつはつかえる「会話フレーズ」第一回

いつもブログで個人的に英語や留学に関する情報を更新していたのですが、英語を勉強するあなたを応援するため、こちらでも不定期に更新していきたいと思います。

この(教科書では教えてくれない)「こいつは使える会話的フレーズ」は実際に海外の友達と英語で会話する際に頻繁にでてくる会話表現を紹介していくものです。

だから、先生とかに言っちゃだめです。ペーパーとかにも書いちゃだめです。あくまで友達との会話向けの慣用表現なので。

こういった表現(スラングと呼ばれるものも含め)知っておくと、パーティなどでも話が盛り上がると思うので今の内に覚えておくのをおすすめします。

じゃ、最初に紹介するのはこちらです。

”Give me a break!”
「私に休憩を下さい。」という意味ではない。

「勘弁してよ!」といった意味である。

A: "Hey, can I have your number?"
B: "I can't tell my number to a stranger."
A: "Come on, I just wanna be your friend"
B: "Give me a break! I'm not gonna tell you mine! Bye!"
========================================
A: 「ねぇ、電話番号教えてくれない?」
B: 「知らない人に番号なんて教えられるわけないでしょ。」
A: 「いいじゃない、友達になりたいだけさ」
B: 「ちょっと勘弁してよ!絶対に教えないからね!じゃあ!」
*男性が知らない女性にナンパをしているシーンですね。

海外映画やドラマが好きな人は、よく耳にする表現かもしれません。

あまりに理不尽なお願いをされたり、身勝手なことばかりする人がいたら、
”Hey, Give me a break!”と言ってやりましょう。

何度も言うが、宿題がたくさんでたからといって、先生に”Give me a break.”と言っちゃだめよ。

じゃあこのコーナーで海外に行くまでに、クールな英語を使えるようになりましょう!!!

 

(2016年7月1日(金) 12:06)
この記事を書いたコーチ

洋楽シンガーソングライターでもある先生。米10都市以上を巡った経験談も

Shodaiのゼロから英会話
森下彰大 (初心者向け英会話)

名古屋・金山・鶴舞・千種・栄・伏見・新栄町・今池・矢場町・上前津・八事・御器所

ブログ記事 ページ先頭へ