サイタ英会話教室初心者向け英会話教室東京 ヒロの初心者向け英会話教室 スクールブログ 体験レッスンご...

体験レッスンご希望の生徒さんへ(重要!必ずお読みください)

当方のレッスンにご興味を持ち、体験レッスンをご希望される方にひとこと。

まず、当方のレッスンでは、特に初級レベルの生徒さんには、中学英語の復習をお願いしています。中学英語は、学校英語だけでなく、実用英語にも不可欠な土台です。この土台がしっかりしていませんと、語彙や表現をいくら覚えていっても、身につかず、入れても入れても水がすくえないザルのようなものです。

よって、体験レッスンでは、生徒さんが現状、中学英語のどの部分に弱点があるかを、100問の空所完成問題をやっていただくことで弱点を理解し、そこを強化するレッスンが入ります。

生徒さんの中には、会話のレッスンだけを希望される方もいらっしゃいますが、中学英語を無視した英語は土台のない家と同じですし、会話のやり取りだけでは、間違いに気づくこともないと思っています。

よって、会話のレッスンだけを希望される方は、当方の体験レッスンを受けても時間のムダになりますので希望されないようお願いします。

文法の学習は、いったん通過しておく必要があります。後で忘れても構わないのです。実際、その文法事項を使う必要がなければ忘れても構わないのです。しかし、一回は通っておく道なのです。後で必要に応じて、またすぐ文法書を参照して思い出せるようにしておけばよいのですから。自分の中にきちんと文法の知識をある程度整理しておくことが必要です。

もちろん、実用英語、実践英語は文法のみにとらわれてはいけません。けれども文法をバカにするのもいけません。ものごとはすべて相対的です。程度というのがあります。

何とか通じりゃいいだろうという、図太さだけでは英語はいつまでたっても伸びません。あまりにひどい文法的な誤りは、聞いていて、あるいは読んでいて、耳障り、目障りです。文法知識にとらわれるのではなく、文法知識を活かすことが大切なのです。

そのことを覚えておいてください。

当方からのお願いです。と同時にアドバイスでもあります。

 

(2016年5月27日(金) 23:11)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

外資系企業で30年以上勤務!楽しく無駄なく「生きた英語」を教えます

目的・種類別に初心者向け英会話教室・スクールを探す

新着記事

生徒さんからの質問でよくあるものの一つに、 「英語を勉強している人はたくさんいるのに、本当に出来るようになった人は少ないと思うんです。コーチはどうして出来るようになったんですか。出来るようになったターニングポイントは何ですか?」 です。なかなかレッスン中にこうした質問を受けても、レ...

最近、体験レッスンを受講される方に共通しているのが、英語の知識はある程度あるのに、それを活用して「話せない」生徒さんが多いのに気付きます。 ちょっと英語で話をしてもらうと、知っている単語を文法の知識で並べて英語を作っている感じがします。 英語教本等には、「最初のうちは仕方がない。...

今までたくさんの生徒さんの英語学習のコーチングをしてきましたが、「成果を出す人の共通点」があることに気づきました。体験レッスン時にも聞かれることがあるので、ここでまとめておきます。 成果をどのように捉えるかという問題もありますが、生徒さんの喜びの声から引用すると、 「英検1級に...

最近、体験レッスンを受講される方で、40代、50代の年齢層の方が増えてきた。 受講される方が異口同音に言われるのは、 「もっと以前からやっておけばよかった。もう仕事上で必要で避けて通れそうもない」 「いつか、仕事が一段落したら、やりたいとは思っていたが、一段落することは...

体験レッスンのお申込み、ありがとうございます。このブログ記事は、「体験レッスンを申し込んでみようかな」又は「英会話上達の裏技、知りたいな」と考えていらっしゃる方に向けて書いております。 「英会話上達」のコツというのは、実はあります。でも、多くの方の頭の中にある「裏技」のようなものではあり...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、初心者向け英会話レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ