全国5万人が受講している「サイタ」

初心者向け英会話教室・スクール

初心者向け英会話教室・スクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

英会話教室初心者向け英会話教室兵庫 あきよの初心者向け英会話教室 スクールブログ 「文法」は諸悪...

「文法」は諸悪の根源?

Hello everyone!

ある生徒さんに、文法の学習をおすすめしたところ、こんなご返事が返ってきました・・・

「避けては通れない道でしょうか?」

ううむ。
して、私の返事。

「避けて通らない方が良い道です」

やはり、英会話力を伸ばすためには、ただ表現を覚えていくだけではどうしても行き詰まってしまいます。
「文のしくみ」を知っておかないと、応用力がつきません。

あれ?
私、今「文法」ではなく「文のしくみ」と書きました。

そう、「文法」って要するに「文のしくみ」のことなんです。

そもそもこの「文法」という言葉自体が、人をおじけづかせるのですよねえ。

生徒さんいわく
「学校の授業がそもそもいけない。『過去形』とか難しい言い方をしないで『昔のこと』って言えば済むのに」。

おお、なんと説得力のある発言でしょうか・・・

確かに手元の文法書を開いてみると、あるわあるわ、ムズカシゲな文法用語。
「過去形」「受動態」なんてまだ可愛い方で、「人称代名詞」「現在進行形」「関係代名詞」。なんで漢字5文字が多いのでしょう。(「水間あきよ」は、ひらがなまじりだから許される?)
さらには「独立分詞構文」「仮定法過去完了」なーんて恐ろしい言葉も・・・

でも、皆様。どうかここでひるまないで下さい!
そうです、「過去形=昔のこと」。このスタンスです。

レッスンでは文法(文のしくみ)を少しずつ勉強していただきますが、ムズカシゲな用語が出て来たら、必ず「要するに何なのか」をきちんとご説明いたします。

文のしくみが分かってくると、正しく英文を作れるようになるだけでなく、相手の言っていることや書いてあることの理解も楽になりますよ!

わかりやすくご説明するよう頑張りますので、ご期待下さい (^^)/

お読み下さり、ありがとうございました。
See you soon!

 

(2015年3月8日(日) 19:06)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

翻訳を中心に活躍中!仏語も堪能な先生と、外国語を学ぶ楽しさを再発見

あきよの初心者向け英会話教室
水間あきよ (初心者向け英会話)

梅田/大阪・摂津本山・住吉・三ノ宮・元町・十三・武庫之荘・西宮北口・夙川・芦屋川・岡...

ブログ記事 ページ先頭へ