サイタ英会話教室初心者向け英会話教室東京 楽しみながら身につける英会話 スクールブログ 伝え方を工夫し...

伝え方を工夫してみましょう

英語で会話するときは、まず、あえて強い表現を使うように心がけましょう。

これは会話のなかで、言ってることを強調することにより目的を明確する、という意味があります。

例えば、外がとても寒かったとします。
そのとき、It's cold outside 外は寒いなあ、と言っても相手にその寒さは伝わらないでしょう。

やはり、lt's very cold outside 外はとても寒いなあ、とveryを入れて寒さを強調したり、はたまた、lt's freezing outside. 外は凍えそうだよ。と言うのもいいのかも知れません。

日本語にしたらこれは少し誇張表現かも、と思うくらいが英語だと丁度良かったりすることの方が多かったりします。

これも、ケースバイケースのところがありますけど、やや誇張した方が相手に伝わりやすかったりします。

 

(2014年9月28日(日) 17:07)

前の記事

この記事を書いたコーチ

ニューヨークの美術館の元ベテラン学芸員!生きた会話をゼロから

楽しみながら身につける英会話
川原英樹 (初心者向け英会話)

東京・渋谷・池尻大橋・三軒茶屋・二子玉川・日本橋・銀座・溜池山王・永田町/赤坂見附・...

ブログ記事 ページ先頭へ