サイタ英会話教室初心者向け英会話教室東京 楽しみながら身につける英会話 スクールブログ 伝え方を工夫し...

伝え方を工夫してみましょう

英語で会話するときは、まず、あえて強い表現を使うように心がけましょう。

これは会話のなかで、言ってることを強調することにより目的を明確する、という意味があります。

例えば、外がとても寒かったとします。
そのとき、It's cold outside 外は寒いなあ、と言っても相手にその寒さは伝わらないでしょう。

やはり、lt's very cold outside 外はとても寒いなあ、とveryを入れて寒さを強調したり、はたまた、lt's freezing outside. 外は凍えそうだよ。と言うのもいいのかも知れません。

日本語にしたらこれは少し誇張表現かも、と思うくらいが英語だと丁度良かったりすることの方が多かったりします。

これも、ケースバイケースのところがありますけど、やや誇張した方が相手に伝わりやすかったりします。

 

(2014年9月28日(日) 17:07)

前の記事

目的・種類別に初心者向け英会話教室・スクールを探す

新着記事

英語で会話するときは、まず、あえて強い表現を使うように心がけましょう。 これは会話のなかで、言ってることを強調することにより目的を明確する、という意味があります。 例えば、外がとても寒かったとします。 そのとき、It's cold outside 外は寒いなあ、と言っても相手に...

マイケル•ジョーダン。 言うまでもなく、アメリカのプロバスケットボールのスーパースター選手。 エアジョーダンをはじめ数々の革新的な技を編み出し、バスケットボール自体をよりエキサイティングなスポーツへと進化させたことでも世に知れ渡っています。 その人間離れした身体能力を持つ彼が...

ココ・シャネル。 ご存知の方もすでにいるかも知れません。あのシャネル ブランドの創始者の、フランスの女性ファッションデザイナーです。 彼女は当時、完全なる男社会だった、ファッション業界に入って様々な苦悩を乗り越えて、ついには自分独自のブランドを立ち上げたのでした。 なのに、そ...

英語で会話するとき、あいづちもそうですけど、何にも増して相手の話に好奇心を示すのが大事ですね。 例えば、Really? へえ? これは少し目を大きく見開いて言うと効果あり。 That's interesting! それ面白いね!   Huh. そうなんだ。 本当...

相手と話している時に、えっ? とか、どうして? とか思うことってありますよね。 さて、これを英語で言ってみましょう。 まず、Why? 何で? どうして? という意味です。素朴な疑問のときよく使います。 これ以外には、How come? 相手に理由を聞きたいときに、よ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、初心者向け英会話レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

ブログ記事 ページ先頭へ