全国5万人が受講している「サイタ」

初心者向け英会話教室・スクール

初心者向け英会話教室・スクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

英会話教室初心者向け英会話教室神奈川 たかビギナーズイングリッシュクラブ スクールブログ 「頭の中の表現...

「頭の中の表現を口から出せるようにするにはどうすればよいのか? 」

私自身、アメリカで最初に住んだのはホストファミリーの家でした。すでにインドネシアや他の日本人が同居していましたので、会話をする頻度は高かったです。しかし、最初の1週間はもう疲れやら、生活に慣れないやらで本当に辛かったのを覚えています。

日本から持ってきた会話本を必死で読んでは口にしてみても、相手の反応がなくてがっかりの連続でした。そんな時に、留学の先輩である日本人の友人がホストの方に通訳してくれた時の安心感、そしてありがたさは決して忘れることができません。

せっかく覚えたフレーズや単語を外国人を目の前にして、その場で口から出す方法はと聞かれたら・・・

「アウトプットの練習が不可欠です。」と答えます。また、できるだけ場数も踏みましょう。

覚えた表現を会話で使いこなせるようにするには、アウトプットの練習を増やし、場数を踏むことが必要です。みなさんの英語レベルや学習方法などにもよりますが、「音読練習」は黙読と比べて断然効果的です。フレーズを個々に練習するのもよいのですが、会話の流れから自然な受け答えが学べる「ダイアローグ」を繰り返し音読するのもオススメです。

会話は「口」を使うもの。いざというときに口をついて出てくるようにするには、当たり前のことですが日頃から「口を動かしての練習が必要不可欠」です。独り言をつぶやくのでもOK。

とにかく、日常生活の中で英語を発するようにしましょう。また、応用力を付けることも大切です。

例えば、That’s the last thing I want to do.(そんなこと絶対にしたくないよ)というフレーズを覚えたら、That’s the last thing I want to say.(そんなことは口が裂けても言いたくない)、That’s the last place I want to go to.(そこへは何があっても行きたくない)、He’s the last person I want to talk with.(彼と話すのは絶対にイヤ)のように単語を入れ替えて表現の幅を広げていくのです。
こうすることで、一つのフレーズをさまざまな場面で応用して使うことができます。

会話はある意味、車の運転と似ています。交通ルールを覚えても、頭の中でシミュレーションしても、実際に路上を運転しなければ運転技術は上がりません。また、とっさの状況にたじろいでしまうこともあります。

やはり全てにおいて、体で覚えて状況に慣れることが上達のカギといえるでしょう。可能であれば、「体験レッスン」などを受講してみるといいですね。

 

(2014年2月20日(木) 12:33)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

シアトルで多彩なボランティアに参加。楽しみながらの継続をお手伝い

たかビギナーズイングリッシュクラブ
望月孝 (初心者向け英会話)

横浜・海老名・相模大野・東林間・中央林間・南林間・鶴間・大和・長後・湘南台・天王町・...

ブログ記事 ページ先頭へ