サイタ英会話教室初心者向け英会話教室東京 英語・パーティーハーティー スクールブログ 「ホッケ」それ...

「ホッケ」それとも「サバ」

まだまだ英語修行者だった頃です。

某アメリカ系飛行機で、仕事に行ったとき
お楽しみの機内食の時間がやってきました。

きれいなCAの方が、「ホッケ」 or 「サバ」と笑顔いっぱいで
聞いてきます。

日本から離れたこの空の上で、「ほっけ」か「さば」の魚定食が
出るなんてと、とても感激し、元気よく「ほっけ、プリーズ」と
お願いしました。

もうオチがわかる方もいらっしゃるかもしれませんが・・・

そうです。薄っぺらい「ホットケーキ」が、登場しました。
そして、さばの正体は、「そば」でした。
せめてヌードルと言ってくれ~という感じです。
日本語さえ、聞き取れない!?
とっても凹みました。

突拍子もない組み合わせ、話している人の英語のくせ、雑音・・・などで
うまく聞き取れないことがあります。

また、発音の強弱により消失する音があるのです。
これに慣れるまで、大変なんですよね・・・

が、何より大事なのは

正確に聞けていなくても、渡り合える度胸と想像力
(妄想!?)ではないでしょうか。

英会話においては、ここがポイントのように思います。



 

(2013年7月2日(火) 22:04)

前の記事

この記事を書いたコーチ

英語教授法資格TESOLを取得。10カ国以上訪れたエピソードも聞ける

ブログ記事 ページ先頭へ