全国5万人が受講している「サイタ」

初心者向け英会話教室・スクール

初心者向け英会話教室・スクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

英会話教室初心者向け英会話教室東京 マイペース英会話 スクールブログ 和製英語につい...

和製英語について

日本の雑誌や新聞を読んでいて、しばしば気になることは和製英語です。日本語の文脈の中で幅広く使われる和製英語は、現代の私たちにとって欠かせない日本語の一部ということは理解しているのですが、それでも、英語を勉強する生徒さんにとっては、和製英語は厄介な存在かもしれません。

今すぐ頭の中に浮かんでくるものでは、テンション(が高い)、ポスト、マンション、ペンション、レンジなどで、これすべて和製英語です。ネイティブスピーカーには通じません。

テンション(が高い)は、英語にも存在しますが、意味は「元気がいいね」ではなく、「緊迫した状態・感情」という意味になります。
例:Rising tension between Cuba and the United States in the 60s.「1960年代のキューバとアメリカの緊迫した関係」

さらに、郵便ポストはMailbox(米語)で、レンジはMicrowaveで、ペンション(pension)は建物ではなく「年金」のことです。そして、日本でマンションというと、鉄筋構造の建築すべてを指しますが、英語でMansionというと「豪華な邸宅」という意味になります。

というように、普段私たちがよく使う和製英語の多くは、英会話では全く異なる意味になっているので、気づいた時に興味を持って調べてみるとよいかもしれませんね。

この和製英語シリーズは、またブログで取り上げますね。

 

(2012年3月10日(土) 0:52)

前の記事

この記事を書いたコーチ

サンフランシスコ州立大学で映画を専攻。外資系デザイン会社で翻訳も

マイペース英会話
谷本昇太 (初心者向け英会話)

渋谷・溝の口・池尻大橋・三軒茶屋・駒沢大学・用賀・二子玉川・高津・梶が谷・鷺沼

ブログ記事 ページ先頭へ