全国5万人が受講している「サイタ」

初心者向け英会話教室・スクール

初心者向け英会話教室・スクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

英会話教室初心者向け英会話教室東京 マイペース英会話 スクールブログ 英会話と音楽 ...

英会話と音楽 - 共通点(1)、続けることの大切さ -

英語の上達に悩んでる方へ。

私はアメリカ留学時代、英語での学習に行き詰った時はよく、ミュージシャンが楽器を練習しているところを頭にイメージしていました。そうするとなぜかモチベーションが回復して、英語にまた向き合い始めていました。

英会話と音楽。一見関係がないように思われるかもしれませんが、私は英会話(語学)と音楽には共通点がたくさんあると常々感じています。まず一番大きな共通点は、英会話も音楽も「相手に向けてパフォーマンス」をしなければならないという点です。英会話なら「会話」、話す&聴くことですね。音楽ならもちろん「演奏」をすることでリスナーとコミュニケーションをとります。

英会話ではこの“パフォーマンス”が、一筋縄ではいきません。文法やら発音やら単語の暗記やら、パフォーマンスを成功させるまでに必要とされる(つまり声に出さなければならない)要素がたくさんあります。英会話において足かせのようなものですよね。

でも考えて見てください、音楽の世界(楽器を習っている人)もそれに似た悩みを抱えているのです。彼らも毎日楽器を練習し、コード進行やメロディーを覚えたりしてパフォーマンスに備えているのです。英語学習に負けず劣らず複雑な知識やテクニックを覚え練習し、地味な作業を繰り返さなければならないのです。でも、あきらめずに練習を続けた人は楽器を流暢に弾けるようになっていますよね。私の知り合いに、会社を定年後、独学でクラシカルギターを学んだ人がいるのですが。その方は毎日ひたむきに練習を重ね、今ではプロ並みの演奏を自分のものにしています。

英語学習で一般に言われる年齢や環境は、音楽(楽器習得)の世界ではあまり問題でないように思えます。それは、生徒がパフォーマンスのために練習をしているからではないでしょうか。つまり、楽器練習では「いつ始めたか」よりも、「どれだけ長く続けたか」ということの方が重要で、パフォーマンスにより大きな影響を与えるということ。だとすれば(ちょっと強引かもしれませんが^_^)、同じようにパフォーマンスを目的とする英会話も、練習をコツコツと続ければきっと「会話のパフォーマンス」も向上するはずです。年齢や環境はパフォーマンスの良し悪しには関係ありません。練習(=レッスン)を自分のペースで続けることが成長への一番の近道だと私は信じています。


 

(2011年12月19日(月) 1:11)

次の記事

この記事を書いたコーチ

サンフランシスコ州立大学で映画を専攻。外資系デザイン会社で翻訳も

マイペース英会話
谷本昇太 (初心者向け英会話)

渋谷・溝の口・池尻大橋・三軒茶屋・駒沢大学・用賀・二子玉川・高津・梶が谷・鷺沼

ブログ記事 ページ先頭へ