全国5万人が受講している「サイタ」

初心者向け英会話教室・スクール

初心者向け英会話教室・スクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

英会話教室初心者向け英会話教室大阪 チャート英会話スクール スクールブログ sorry.....

sorry...

日本とアメリカの文化の違いは本当にたくさんあって、日本で当たり前だと思うことがアメリカでは大間違いだっていう習慣があったりしますよね。。。

それの一つが「sorry」「I'm sorry...」

日本人はすぐに「ごめんなさい。」って言葉をいいます。それは子供のころから、親から先生から「あやまりなさい!」って指導を受ける、そんな風習があるのも一つですし、「あやまっておこう」って思う日本人特有の事なかれ主義の風習もあると思います。私はこの日本人の奥ゆかしさは大事にしていきたいんですけど、これはアメリカ人には通じません。
アメリカ人とのコミュニケーションの上で相手のミスで失敗したのに、私はとっさに「sorry」と言ってしまいました。すると相手はどうでしょう!私に「お前のせいだ!」と言われてしまいました!

そう、このたった一言の「sorry」。。。
私の中では「お気の毒に。あなたの予定がくるってしまったわね」。のが意味の「sorry」だったのに相手は私が謝った。と取ったのです。。。。
結局、後で私があなたがこのようなミスをしたからここで行き違いが起きたんだと説明しましたが、もう後の祭り。

アメリカで交通事故を起こしてこっちが悪くても決して「sorry」と言ってはいけないって聞きますよね。どんな状況でもこちらから「sorry」と言ってはいけないんだ。と改めて感じました。。。

でも。。。日本人なんですもの。。。ついつい言ってしまいますよね。「ごめんなさい。」って。。。

 

(2011年6月28日(火) 6:47)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

米滞在10年。大学では英米文化専攻した先生が教える本当の異文化理解

ブログ記事 ページ先頭へ