全国5万人が受講している「サイタ」

初心者向け英会話教室・スクール

初心者向け英会話教室・スクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

英会話教室初心者向け英会話教室東京 ランランイングリッシュ スクールブログ 映画 in え...

映画 in えいご

こんにちは!

今日は、"The hours"をDVDでみました☆
邦題は”めぐりあう時間たち”です。
ニコールキッドマンがアカデミー主演女優賞をとった作品です。

私は個人的にはすごく心を動かされたので、とあるサイトにレビューを投稿しようと思い、他のレビューを見ていると。。。。

wow!!結構、評価が低いんです!!確かに暗くて思い作品ですが。。。。

私なりに考えたんですけど、きっと日本でしか生活していないと、その映画の背景の文化がいまいちしっくりこないんじゃないかなぁと。。。

だからその映画の背景、(英語も一つの要素ですよね。)が日本の文化で育った私たちには理解できないのではないかなー。

特に、性同一性障害とか、精神病の理解とか、アメリカでも完璧に理解されているわけではありませんが、日本ではもっと排他的に扱われているような気がするんです、理解されがたいんでしょうね(´・ω・`)

だいぶポイントがずれてきましたが、私が言いたいのは、その背景を理解したり、言語、文化に触れたりしたら、もっとその内容に共感して理解できると思うのですヽ(´∞`)ノ!!!

そうそう、ちなみに私は洋画を日本語音声で見ると、いまいち内容の理解が薄くなる気がします。

うん。。。

もし、イギリスやアメリカの映画に興味があるとしたら、英語がわかると、もっと映画が好きになると思います☆

英語がんばりましょー((o(゛ε゛)o))ウズウズ



 

(2011年2月28日(月) 14:16)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

日本で、現地で、英語学習での沢山ジレンマを経験したからこそのアドバイス

ランランイングリッシュ
瀬山友美 (初心者向け英会話)

池袋・赤羽・さいたま新都心・大宮・上尾

ブログ記事 ページ先頭へ