サイタ英会話教室初心者向け英会話教室東京 海外旅行を楽しむ英会話 スクールブログ 世界文学紀行

世界文学紀行

私は定年になってすぐに、横田基地内のセントラル・テキサス・カレッジで10ヶ月間ほど英語とアメリカ文化を勉強しました。
2年目には南スペインのマラガ大学に1年間留学。そこでスペイン文学の原点ともいわれる「ドン・キホーテ」に取り組んだことが機縁となって、作品の舞台を訪ねて回るようになったのです。
セルバンテスの生まれた町・アルカラ・デ・エナーレスからマドリード、ドン・キホーテが風車と格闘したラ・マンチャの平原まで・・・・・
紀行文は新聞にも連載されましたが、この1作が機縁で「世界文学紀行」が私の定年後のライフワークとなったのです。
以来、「風と共に去りぬ」「赤毛のアン」「ハムレット」「ロミオとジュリエット」「ファースト」「若きヴエルテルの悩み」「車輪の下」など訪れた作品の舞台は10を超えました。
ありがたいことに、言葉(英語とスペイン語)が出来ることが人生の舞台を大きく広げてくれたのです。皆さんも語学でご自分の世界を少しでも広げていかれるようにお役に立っていきたい、と願っているところです。
私は“Boys be ambitious!”と共に“Seniors be ambitious!”と訴えています。

世界文学紀行世界文学紀行

(2010年10月31日(日) 16:39)

次の記事

この記事を書いたコーチ

新聞特派員として40カ国巡訪!楽しいエピソード満載のレッスン

ブログ記事 ページ先頭へ