音楽教室サックス教室アルトサックス東京 吉田悠夏サックス教室 レッスンノート

吉田悠夏サックス教室レッスンノート(7ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

サックスの基礎
確実に正確な音が出るようになるまではロングトーン練習(音をのばす練習)が必要です。 高い音はきつく低い音はゆるく口をコントロールすると出やすいです。 前歯のあたる位置は音によって変えないので...
高い音
高い音の音色を太くしたいとのことでしたね。高い音を吹くときに口を締めることに集中しすぎて息の量が少なくなってしまうことが原因の1つです。 締めすぎに注意し、しっかり息を入れて吹くと良い音になっ...
ロングトーン
色々な音を使いロングトーンをしましたね。 左手親指(オクターブキー)を押さえる高い音はきつめに、押さない低い音はゆるめにすると正しい音で安定しやすいです。 揺れないようにできる限り長く伸ばし...
高音と低音
色々な音を使い、音のコントロールをしました。 高い音はきつめに低い音はゆるめに口をコントロールすることで、正しい音が出やすくなります。 とても繊細なコントロールなので少しずつ体に覚えさせてい...
ピアノ伴奏
ピアノ伴奏と合わせてやってみましたね。 イントロの数え方や、ピアノとリズムが合うところ、合わないところに惑わされずに出来るよう少しずつ慣れていきましょう! 次回は伴奏譜も持ってきてもらえ...
音のコントロール
高い音と低い音のコントロールをやりました。 口の締め具合によって、音が正しく出ないことがあります。低い音は緩めに高い音はきつめに意識してまっすぐ伸ばせるようにしていきましょう。 吹いていくう...
ルパンとテイクファイブ
新しい指使いをいくつかやりましたね。 フラットの指使いは思い出し難い指使いなので、シャープで考えると思い出しやすいです。 ニュアンスをつけるために、音を切る奏法をやってみましたね。 特に速...
細かいリズム
細かいリズムが難しいですが、少しずつ正しく吹けるようにしていきましょう! まずはオリジナルの音源や、模範演奏などをたくさん聞いて参考にしてみてください。 口はあと一息ですね!家でも練習出来る...
ロングトーン
音を長く伸ばして口を覚えさせる練習ロングトーンをしましたね。 正しい音を揺れないようにまっすぐ伸ばすことがポイントです。 口が緩すぎると音がしっかり出ずに苦しくなってしまいますので、力の加減...
虹の彼方に
クラリネット経験があるとのことで、口の感覚はいい感じに掴めていましたね! 指使いは慣れるまで少し時間がかかると思いますが、覚えてしまえば曲もすぐに吹けるようになりますよ♫ 装飾音符を使ったフ...

吉田悠夏サックス教室のレッスンノート ・・・計641件

吉田悠夏サックス教室 ページ先頭へ