音楽教室サックス教室アルトサックス東京 プルミエ・サクソフォーンクラス レッスンノート

プルミエ・サクソフォーンクラスレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

楽器の吹き方
楽器の各部分の名称から、息の入れ方、チャルメラを演奏するところまで出来るようになりました。
マッピが無く口頭でのレッスンとなり...
マッピが無く口頭でのレッスンとなりましたが、 ・タンギング ・お腹の使い方 ・演奏時の姿勢 など、疑問をもたれていることについてお話させていただきました。
*タンギング力んでしまっていま...
*タンギング 力んでしまっていましたね… 全体的に、もう少し力を抜いた方がスムーズにできますよ! *高音(サイドキー) 口は閉めすぎず、息でうまくコントロールしましょう! スパッと...
*ロングトーンよく安定していま...
*ロングトーン よく安定しています。たまに音の出だしがキツくなったり音が揺れたりしますが、基本的には問題ありません。次回以降は、レッスンでは取り上げませんが、必ず自主練習はしてください。 ...
*ロングトーン安定して吹けてき...
*ロングトーン 安定して吹けてきました。高音域の練習のときに、力みやすくなっていますので、注意してください。次は音域を広げてみましょう。 *タンギング 感覚は掴めてきたようですね。次回...
*ロングトーン(4拍ずつ)最初...
*ロングトーン(4拍ずつ) 最初の音が爆発音にならないように息の出だしのスピードを調整してください。 そのときに口を閉めてしまわないように。 アンブシュア・体の力の入れ方を、準備してから音...
TSUNAMIを通して演奏していた...
TSUNAMIを通して演奏していただきました。 テンポ感や運指に問題はありませんが、音の長さが短いところや長いところ、ブレスの時間が計算されていない箇所がいくつかありましたので、そこを修正して...
少し調子が悪いようで、お話の方が多...
少し調子が悪いようで、お話の方が多かったですね。 リードのお話と、練習量のお話をたくさんさせていただきました。
ロングトーン、タンギングをしました...
ロングトーン、タンギングをしました。いい調子ですので、このまま練習を続けていってください。 ロングトーンは倍の8拍でできるように練習を続けてください。 タンギングは舌が動きすぎるので力を抜い...
楽器を持つ姿勢の話と、練習のコツの...
楽器を持つ姿勢の話と、練習のコツの話をしました。 姿勢は、楽器の角度よりも無理なく構えられる姿勢であるかを意識しましょう。 練習については、その日の目標に到達しなくとも、「ここまでできた!」...

プルミエ・サクソフォーンクラスのレッスンノート ・・・計26件

プルミエ・サクソフォーンクラス ページ先頭へ