音楽教室サックス教室アルトサックス東京 野口紗矢香サクソフォーンスクール レッスンノート

野口紗矢香サクソフォーンスクールレッスンノート(15ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

G線上のアリア
1小節内のカウントの違いについて触れながらお話しました。ゆっくりの曲は次のカウントまでが長くなるので間を感じる拍感がより大切になってきますね。 逆にテンポの早い曲はカウントが細かいとかえって演...
G線上のアリア
伸ばす音のカウントが出来てきたので、伴奏のベースの音(八分音符)と合わせるような感じで曲の前半チャレンジしてみました。 だんだんと合うようになってきました(^-^) 最終的にはピアニストさん...
G線上のアリア
拍を数えるときの表と裏についてふれました。 ゆっくりの曲をやるときに、次のカウントまでが長くなるのでその間にも目安となる拍(裏拍)を感じることがより大切です。 早い曲を演奏するときにはその逆...
G線のアリア
冒頭の伸ばす全音符、カウントできるようになってきました。同じような感じで曲中に出てくる伸ばす音も拍数を把握しましょう。 そして伸ばす音のあとの16分音符の動き、部分的に演奏するとできますが前か...
ピック・アップ・ザ・ピーセズ
中間部のリズムがとれてきましたね(^-^) 前回レッスンで触れた部分もタイミング良くなっていました。 メトロノーム四分音符と八分音符両方のカウントに合わせて吹く練習してみると良いです。 原...
G線上のアリア
最初の4小節の譜読みをしました。 スタッカートと付点、確かにパッと見判断がつかないかもしれませんね。 真上or下に付くのがスタッカート、右横に付くのが付点です。 16分音符の部分が出来る速...
ピック・アップ・ザ・ピーセズ
中間部をメインにピンポイントレッスンしました。 休符のあとに入るタイミングの違いを出せると良いですね。 八分休符のあとと四分音符or付点八分休符のあとではカウントや感じる速度もかなり違います...
G線上のアリア E♭
楽器が調整から戻り、音の鳴り方のバランスが良くなりました。 前回のレッスンから少しあいてしまったのでまた少しずつ取り組みましょう。 G線上のアリアを前回とは変えてE♭keyで行ってみました。...
コンクール自由曲
スラー毎の音の入り(表拍でも裏拍でも)がスーッとストレスなく場に合った良いタイミングで入れるようにしましょう(アタックが強くなったりスカッとならないように)。 ド♯が上手くいかない原因を意識し...
黒い傷あとのブルース
先ほどはレッスンおつかれさまです。 リードが水分を多く含んでくると吹きはじめのときと吹奏感が変わってくるので、何枚かをローテーションして使うと良いと思います。 ♯♭を含む半音階にチャレンジし...

野口紗矢香サクソフォーンスクールのレッスンノート ・・・計473件

野口紗矢香サクソフォーンスクール ページ先頭へ