音楽教室サックス教室アルトサックス愛知 TAK・サックススクール レッスンノート

TAK・サックススクールレッスンノート(4ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

素晴らしい!!
今日はSHEをしっかりやりました ついに中間部ができるようになりましたね! 素晴らしいことです。感動しました!! あとは、少し雰囲気を出すために装飾音符的に音を入れたり、CDの伴奏...
やりにくいところは分けてゆっくりとしたテンポから練習してみましょう
体験レッスン、お疲れさまでした。 今日は、まず楽器の構え方を見せていただきました。 右手の人差し指から下が指が伸びた状態になっていて、第1関節でキーを押さえていましたので、指の腹で押さえ...
難しいところは分解して練習してみましょう
今日も青春の輝きをやりました 中間部分ですが、難しいリズムや連符がありますので、練習方法を考えずやみくもに練習してもなかなかうまくいきません。 リズムについてはタイを取ってみたり、小...
歌を思い浮かべながら演奏しましょう
今日は初めての通常レッスンでした。 前回に引き続き、New York State Of Mindをまずやってみました。 長い音符の音の抜き方などをご説明しました。 細かい音符を吹くとき...
指の動かし方を研究してみましょう
今日もSHEのCからとDからを中心にやりました。 譜面自体は追えるようになってきましたので、今からは少しフレーズのことをやっていきたいと思います。 スラーを滑らかに吹くためのコツの一つに...
素晴らしい目標をお持ちでしたね!
体験レッスン、お疲れさまでした。 今日は、体験レッスンということで、まず1曲演奏していただきました。 オネスティは素敵な曲ですよね。僕も大好きな曲の一つです。 スラーの中で同じ音が...
口を緩めすぎるのもよくありません
今日もSHEから始めました。 Dからの部分、だいぶ吹けるようになってきましたね。 素晴らしいです! 以前、口が締まりすぎてしまうので、緩めてくださいとお願いしたのが災いしているのか、緩めす...
レガートタンギングを習得しましょう
今日はけがであまり練習ができていなかったとのことでしたので、前回の復習として青春の輝きの前半部分をやりました。 スラー内で同じ音が続く場合、レガートタンギングやハーフタンギングで吹くと滑ら...
高音域は口を締めないようにしましょう
今日は新しい曲を練習しました。 クレッシェンドが大げさにできないような場合は、元の音量を少し控えめにして、ダイナミクスを出していくとはっきり大きくしたことがわかりますので、やってみましょう...
フレーズの歌い方の手がかりをつかみましょう
今日は、新曲の練習から始めました。 ワルツの取り方ですが、すべての音を拍にはめようとすると、遅れたり曲が流れなくなってしまいます。ブンチャッチャーのイメージで拍の頭だけをしっかり取って、あ...

TAK・サックススクールのレッスンノート ・・・計795件

TAK・サックススクール ページ先頭へ