サイタ音楽教室サックス教室アルトサックス愛知 TAK・サックススクール レッスンノート

TAK・サックススクールレッスンノート(16ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

譜面通りの音量が全てではないことを知りましょう!
今日は、中音域で音色を豊かにする練習から始めました。 口やのどを締めすぎてしまうと音が響きません。 今日やったように、リラックスして裏声で歌うようなイメージで息を入れていきましょう。音色を綺...
楽譜にとらわれすぎない演奏も良いですよ♪
今日は新曲の「青春の輝き」をやりました。 楽譜は装飾音符がたくさんあったり、変わった編曲の部分が多くありますが、それよりもご自身のイメージの中にある、カレンカーペンターの歌い方を真似した演...
ボサノバはけだるさを出すために音を軽めにしましょう
今日は、フライミートゥザムーンから始めました。 初めてやられた割にはよかったと思います。 ただ、通常のPOPSと比べて、ボサノバには特徴があります。 全体的に長い音は抜き、8分音符のキメの...
タンギングは軽く!軽く!
今日は少し間隔が空きましたので、タンギングの復習をやりました。 息を吸って止めた時に、舌はリードに触れているようにしましょう。 そして息をいよいよ出すと言うときに、サッと舌を後ろへ引きま...
POPSは軽やかに吹きましょう!
今日は初めての通常レッスンでした。 まず、前回気になったタンギングの基礎をやりました。 必ず舌が常に同じストロークで動かないと、タンギングがキツ過ぎたり甘くなったりする原因になってしまい...
力まないことが豊かな音色を作ります!
体験レッスン、お疲れ様でした。 今日はまず音色を聴かせて頂きました。 テナーのクセか、少しマウスピースを深くくわえすぎているような気がしました。 また下唇をギュッとかみすぎてしまうのと...
いい音色を出すために・・・
今日はまず先回の復習として、ソの音を出していただきました。 音は出ているのですが、まだ口が安定しないので音色が悪くなったり、音が出にくかったりしていました。 リラックスすることは必要...
リラックス!リラックス!
今日もSHEの前半をやりました。 まだ、かなり身体や唇に力が入っています。 奥さんのことを思いながら、リラックスして吹いてみませんか? あと、リードも定期的に替えましょう。自分のせ...
タンギングは気を抜かないこと
今日は最初にタンギングの練習をしました。 同じ音、スケールでのタンギング、スラーとテヌートを交互にやるタンギングを練習しました。 スラーとテヌートを交互にやると、スラーが切れてしまったり、テ...
音程が下がらないように気をつけましょう
今日もSHEの前半をやりました。 あまり個人練習ができていないということでしたが、やはり音程が下がる傾向にあります。 ロングトーンで同じ音を伸ばしたとき、6拍目辺りで音程が下がってきます...

TAK・サックススクールのレッスンノート ・・・計888件

TAK・サックススクール ページ先頭へ