サイタ音楽教室サックス教室アルトサックス 東京 0から始めるサックス教室 レッスンノート レッスン、お疲れ様でした〜

レッスン、お疲れ様でした〜

アルトサックス教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今日は初めに、Cのペンタトニックの練習から行いました

よく使われる運指の動きを、順次進行と併せて2種類さらっていきました

今日は、テンポ♩=50で進めてみましたが、短期的な目標として、♩=80ぐらいを目安に動かせるようにしていきましょう

曲については、前回の続きを、マイナスワンに合わせていきました

全体を通じて、ピッチは安定しており、高音さえ高くなり過ぎないように気をつければ、あとはリズムの正確さを詰めていかれると、全体がしっかりしてくるような気がします

バラードのような聴かせる曲は、ヴィブラートなどの装飾的要素が、曲の付加価値を高めてくれますので、長く延ばす部分にはほぼ欠かせませんが、4分音符など短い音符にも、付けることで効果的に映えさせることが多々ありますので、その効果を見極めながら装飾されるといいと思います

その他、裏コードの復習と、そこから派生させたRelated IIm7について、そのアナライズ方法についてお伝えしました
このレッスンノートを書いたコーチ

イベント、ラジオで活躍中の先生のいいとこどりレッスン

目的・種類別にアルトサックス教室・レッスンを探す

新着レッスンノート

今日は初めてということもあり、楽器の組み立て方から、音出しを中心に行いました やり初めの頃は、音出しにやや時間がかかることから、 アンブシュアが安定しにくく、体に無理な力が加わりやすい時期かと思います この時期を、いかに忠実に取り組むかで、今後付帯されていく技術力の成果に大きな違い...

昨日は初めに、C♯m のスケールを使った、16分のリズムパターンを行いました テンポ♩=70で進めていき、長いフレーズを吹いていただきましたが、通常裏拍に来るところが表拍に来てしまったり、やや不安な部分も感じられましたので、時間的に可能であれば、もう一度見直しされておくといいかもしれませ...

今日は初めに、いつものようにウォームアップから行い、前回に引き続き、Cのスケールをノータンギングで練習してみました 運指の動きは、前回に比べて要領が少し掴めているようですので、この調子で徐々に慣れていただけたらと思います 中音域のドからレに関わる動きさえスムーズになれば、現在足踏み...

今日は初めに、フラジオの復習から行いました 普段、実践でなかなか使う機会がないことからも、練習の方が思うように進まず、後回しになりがちな傾向にあるかと思います 音が出たり出なかったりしているうちは、まだ完全にコツを掴めていない状況にあり、練習の余地がまだまだ残されていることを証して...

今日は初めに、C♯m のスケールをノータンギングで練習してみました テンポ♩=50でやっていきましたが、初めてのスケールということもあって、だいぶ苦戦されていたように思います 運指の動きもかなり複雑になりますが、これから数回にわたってさらっていきますので、徐々に慣れていきましょう️ ...

レッスンノート ページ先頭へ

アルトサックス情報

サイタのアルトサックス講師がブログを通して、アルトサックス情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

アルトサックスの先生

@SaxCyta