サイタ音楽教室サックス教室アルトサックス 東京 0から始めるサックス教室 レッスンノート レッスン、お疲れ様でした〜

レッスン、お疲れ様でした〜

アルトサックス教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今日は初めに、Eのスケールを使った、ヴィブラートの練習から行いました

テンポ♩=120〜168の間を少しずつ上げながら、メトロノームに合わせて波形を作っていただきました

速さに十分対応されており、波形もしっかり作れていますが、HighF#の音出しがあともう一歩なので、高音域の安定に向けて、要練習ですね…
引き続き、リズムにしっかり合わせる練習をやりながら、曲へも反映させていきましょう

曲については、前回に引き続き、ボサノバ曲をさらっていきました

テーマ部分をおさらいしましたが、初めの方に出てくる、裏拍が続くフレーズにやや苦戦されていたと思います

お渡しした音源を参考に、今日やった部分をもう一度見直されておいて下さい

その他、楽語の続きを見させていただきました
このレッスンノートを書いたコーチ

イベント、ラジオで活躍中の先生のいいとこどりレッスン

目的・種類別にアルトサックス教室・レッスンを探す

新着レッスンノート

今日は初めに、Fのペンタトニックの練習から行いました テンポ♩=80で、二通りの音の運び方をやっていただきましたが、どちらも highFへの運指の動きが、やや滞り気味でしたので、もう一度やり直されておくといいかもしれません 曲については、前回に引き続き、前半のテーマ部分をおさらいし...

今日は初めてということもあり、楽器の組み立て方から、音出しを中心に行いました やり初めの頃は、音出しにやや時間がかかることから、 アンブシュアが安定しにくく、体に無理な力が加わりやすい時期かと思います この時期を、いかに忠実に取り組むかで、今後付帯されていく技術力の成果に大きな違い...

昨日は初めに、C♯m のスケールを使った、16分のリズムパターンを行いました テンポ♩=70で進めていき、長いフレーズを吹いていただきましたが、通常裏拍に来るところが表拍に来てしまったり、やや不安な部分も感じられましたので、時間的に可能であれば、もう一度見直しされておくといいかもしれませ...

今日は初めに、いつものようにウォームアップから行い、前回に引き続き、Cのスケールをノータンギングで練習してみました 運指の動きは、前回に比べて要領が少し掴めているようですので、この調子で徐々に慣れていただけたらと思います 中音域のドからレに関わる動きさえスムーズになれば、現在足踏み...

今日は初めに、フラジオの復習から行いました 普段、実践でなかなか使う機会がないことからも、練習の方が思うように進まず、後回しになりがちな傾向にあるかと思います 音が出たり出なかったりしているうちは、まだ完全にコツを掴めていない状況にあり、練習の余地がまだまだ残されていることを証して...

レッスンノート ページ先頭へ

アルトサックス情報

サイタのアルトサックス講師がブログを通して、アルトサックス情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

アルトサックスの先生

@SaxCyta