サイタ音楽教室サックス教室アルトサックス 東京 堀田和磨のアルトサックス教室 レッスンノート 基礎・エチュード・デュオ・歌ものアレンジ

基礎・エチュード・デュオ・歌ものアレンジ

アルトサックス教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今回は基礎からアレンジまで幅広いレッスン内容となり充実した時間となりました!

基礎練習は変ロ長調・変ホ長調のスケールを使用し、ロングトーンと速い音階のスラー・タンギングです。
初回レッスンと比べてかなり音程や奏法が安定してきました!
回数を重ねるたびに、楽器のツボが分かっていく感覚を掴んでみてください!

エチュードでは毎回替え指の特訓なのですが(笑
今回、気付いていただきたいことに気付いていただけました!!
他の曲でも今回のレッスンのように応用していただけると嬉しいです!

デュオで取り上げた曲は星に願いをです。
ここまでレッスンをしてきて成果が出ていますね!安定した奏法、音程、素晴らしいです!
初見の曲なのでミスはあったものの6月の発表会が楽しみです!

最後は歌もののアレンジ!
少しのアイディアで音楽がガラッと様変わりします!
今回はちょっとしたアレンジ要素をレッスンしました!自分からこうしてみようかな!?ああやったらカッコいいかな!?のように沢山試してみてください!

次回のレッスンも楽しみにしております!

目的・種類別にアルトサックス教室・レッスンを探す

新着レッスンノート

スケール練習で発覚したピッチの下がりの原因は広角や頬の筋肉によるものでしたね! 普段から広角を上げて吹く事に慣れていきましょう! エチュードでは音楽(起承転結)のお話をしましたが、捉え方は人それぞれです。1番アピールしたい所など譜面を客観的に見て設計してみてください! ですが、ここま...

今回は基礎からアレンジまで幅広いレッスン内容となり充実した時間となりました! 基礎練習は変ロ長調・変ホ長調のスケールを使用し、ロングトーンと速い音階のスラー・タンギングです。 初回レッスンと比べてかなり音程や奏法が安定してきました! 回数を重ねるたびに、楽器のツボが分かっていく感覚を...

ストラップの使用方法、 替え指のレクチャー 歌もの二曲のレッスンとなりました。 1時間はあっという間でしたが、 変化を感じられるレッスンとなりました。 特にラの音の音程、タンギングとビブラートを同時に行ったときの質が課題となります!

基礎練習として、ヘ長調と変ロ長調にトライしていただきました!ロングトーンからの早い指回しの練習では、アゴの変化に少しお気づきいただけました! 安定したアンブシュワ(口周りの形)が作れると全音域ムリなく吹けるので、固定したアンブシュワに慣れていけると良いですね! ラクールのエチュード...

基礎練習のスケールを使ったロングトーン、早いテンポでのスラーとタンギング(ハ長調・ヘ長調)を行い楽器のクセや、発音するときのコツなどをお話しました。 エチュードではラクールの3番と1番【ヴィブラート】を取り上げました。 初めての3番はスラスラと吹けていましたが、曲中に替え指を沢山用いた...

レッスンノート ページ先頭へ

アルトサックス情報

サイタのアルトサックス講師がブログを通して、アルトサックス情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

アルトサックスの先生

@SaxCyta