サイタ音楽教室サックス教室アルトサックスレッスンノート フレーズの終わり方と次へのつなげ方を研究してみましょう

フレーズの終わり方と次へのつなげ方を研究してみましょう

アルトサックス教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今日は明日に架ける橋をCDをかけながら練習しました。

だいぶ通せるようになってきましたね。

せっかくここまでできるようになりましたので、更なる課題を出したいと思います。
フレーズの終わり方ですが、色々なパターンがあると思います。
次へつなげるように吹くもの、完全にセパレートしてしまうもの。
今回の曲は割と次へつなげていくフレーズが多いので、1つのフレーズの終わりに減衰しないように注意してみませんか?

話ことばでも語尾がもごもごしてしまうと相手には聞き取りにくい結果になりますよね?
語尾までしっかり発音して、次の話につなげていくイメージで楽器も吹いてみるとよいかと思います。

また、最初の8分音符2つはこだわりましょう。
今日アドバイスした吹き方で、どちらかが大きくなりすぎたりきついタンギングにならないように細心の注意を払いましょう。
だからといって小さな音量で吹くのがよいわけではありません。
表記はmpですが、出しやすい音量で吹かないとせっかくの曲が尻すぼみしてしまいますし、逆にビャーと吹いたのでは雰囲気が台無しですよね?
最後は何回かいいイメージで吹けていましたので繰り返し練習してみてください
このレッスンノートを書いたコーチ

二兎を追う者もOK!吹奏楽~ジャズもきめ細かいアドバイスで

レッスンノート ページ先頭へ

アルトサックス情報

サイタのアルトサックス講師がブログを通して、アルトサックス情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

アルトサックスの先生

@SaxCyta