サイタ音楽教室サックス教室アルトサックス 愛知 TAK・サックススクール レッスンノート 長い音は最後までしっかり吹きましょう!

長い音は最後までしっかり吹きましょう!

アルトサックス教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今日は明日に架ける橋を伴奏CDをかけて練習しました。

まず、フレーズを意識して演奏してくださったのはよかったのですが、
スラーの中にある長い音符がどうしても勢いや音が途中で下がってしまうのが気になりました。
最後までしっかり張る、もしくは少しクレッシェンド気味に演奏するとしっかりしたフレーズになります。
フレーズの終わりにある長い音符も、ディクレッシェンドの表記は音の最初からになっていることが多いですが、実際には最後の1拍ないし2拍で小さくする方が効果的です。
早くからディクレッシェンドすると最後の拍では音が消えてしまう感じになり、尻切れトンボのように聴こえてしまいます。

オクターブキーを押したラ以上の音を吹くときに、音程が下がり気味になったり、音色が変わってしまいます。息を入れる方向を少し上向きに入れるとその辺りが解消できると思いますので、練習してみてください。

今日のレッスンでだいぶいい感じに変わってきたように思います。
この調子で頑張っていきましょう!
このレッスンノートを書いたコーチ

二兎を追う者もOK!吹奏楽~ジャズもきめ細かいアドバイスで

目的・種類別にアルトサックス教室・レッスンを探す

レッスンノート ページ先頭へ

アルトサックス情報

サイタのアルトサックス講師がブログを通して、アルトサックス情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

アルトサックスの先生

@SaxCyta