サイタ音楽教室サックス教室アルトサックス 東京 野口紗矢香サクソフォーンスクール レッスンノート 低音域の運指、一週間

低音域の運指、一週間

アルトサックス教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

前回のレッスンでチャレンジした低音域ド〜ミの運指確認をしました。左右の小指を使うのでどこのkeyが何の音なのか区別がつくようになると良いですね。
タンギング時のアンブシュアの維持を含めて、運指も鏡を見ながら練習してみてください。
力むといきに混じって声が入ってしまうので、そうなってきたら肩の力を抜いてリラックスを心がけましょう。

毎日必ず5分練習、継続なさっているとのこと*
このレッスンノートを書いたコーチ

国内コンクール多数入賞!パリで公演も。コツをつかむお手伝い

目的・種類別にアルトサックス教室・レッスンを探す

新着レッスンノート

本日は体験レッスンにお越しくださりありがとうございました。 サックスを演奏するのは初めてとこのと、道具のチェックと音出しと構え方の基礎を中心にレッスンしました。 本日お話した内容の通り、まずは道具を準備しましょう(^^)

ロングドレス トーンのときの音の始まりが少し雑になる時があるので、丁寧に行いましょう。 冬に引き続き、次回発表会に向けて過去取り組んだsummertimeのレッスンに入ります。 以前は触れなかったニュアンスをつけながら演奏できるようにしていきましょう。

教本の曲、前回よりも良い感じで演奏できました。 ブレスの位置を捉えないと苦しいまま演奏することになってしまうので、自然な流れで吸えるようになると良いですね。 曲はリピート、ダルセーニョと何とか全体を通せるようになってきました。テンポ88〜徐々にupしましょう。

スケール本は曲で使用するGメジャースケールに入りました。3度、分散和音も合わせて練習しましょう。 CAN YOU CELEBRATE?はBメロ部分を少しやりました。16分音符がswingするというちょっと捉えにくい部分ですが8分音符のときと一緒です。 ゆっくりから感覚を掴んでいきましょう。

教本は6/8拍子次の曲に入りました。 伸ばす長さがわかりにくいと思うので(付点四分音符など)下にガイドを書きながらやりました。 曲はピアノと合わせて演奏しました。 小節の1拍目に四分休符があるところ、しっかり休みましょう(突っ込んで入らないよう注意)。

レッスンノート ページ先頭へ

アルトサックス情報

サイタのアルトサックス講師がブログを通して、アルトサックス情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

アルトサックスの先生

@SaxCyta