音楽教室サックス教室アルトサックスレッスンノート 譜面通りの音量が全てではないことを知りましょう!

譜面通りの音量が全てではないことを知りましょう!

アルトサックス教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今日は、中音域で音色を豊かにする練習から始めました。
口やのどを締めすぎてしまうと音が響きません。
今日やったように、リラックスして裏声で歌うようなイメージで息を入れていきましょう。音色を綺麗にすることにこだわりすぎて、響きがなくなってしまうようでは元も子もありませんので・・・

次にタンギング練習を復習しました。
まだ、均一なタンギングができませんので、引き続き練習してみてください。

曲は宝島をやりました。
テヌートはあまり引っ張り過ぎないように少しスキマが空くようなイメージで吹きましょう。
また、旋律ではないところで指示通りの音量で吹いてしまうと、旋律の音を掻き消してしまうことになりますので、あくまでもハモリだというイメージで気楽に吹きましょう。
またこの曲はfとffが多いですが、音量の差が出しにくいですので、少し前をmfとかmpで吹くなどダイナミクスを簡単に出せるような工夫をされると良いと思います
このレッスンノートを書いたコーチ

二兎を追う者もOK!吹奏楽~ジャズもきめ細かいアドバイスで

レッスンノート ページ先頭へ

アルトサックス情報

サイタのアルトサックス講師がブログを通して、アルトサックス情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

アルトサックスの先生

@SaxCyta