音楽教室サックス教室アルトサックスレッスンノート 短い練習時間での練習。

短い練習時間での練習。

アルトサックス教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今回の生徒さんは、週に一度決まった時間しか練習が出来ないという環境でサクソフォンを吹かれている方でした。

まず初めに、一度ロングトーンを吹いて頂き、現在の問題点等を確認致しました。

管楽器における基本姿勢やブレスの仕方ですが吹奏楽部の顧問の中には、
背筋を伸ばして!
腹式呼吸の時に肩をあげるな!
などの指導をする方が多くいらっしゃいます。
実際にその方法で深い呼吸を行ってみて下さい。
とってもやりずらいですよね。

肩は上げすぎない。背筋は曲がり過ぎない。
一番自然に深い呼吸できる姿勢がその人に合ってる姿勢だと思います。

そしてアンブシュア、毎回毎回しつこく言わせて頂きます。
それが上達への一番の近道だと思っているからです。

今日も姿勢と呼吸法、アンブシュアを少し改善しただけでとても音が変わりました。

短い練習時間しか音が出せない環境ならばその時間を指さらいに費やすのではなく、いい音が出せるような練習、ロングトーンを行って下さい。
そして音を出せない時は、アンブシュアや指のおさらいを行って下さい。
このレッスンノートを書いたコーチ

有名音楽家との共演多数の先生!理想に近づくための練習法をやさしく提案

守利航のサクソフォンスクール
守利航 (アルトサックス)

川崎・渋谷・新宿・溝の口・立川・八王子・国分寺・幡ヶ谷・調布・府中・聖蹟桜ヶ丘

レッスンノート ページ先頭へ

アルトサックス情報

サイタのアルトサックス講師がブログを通して、アルトサックス情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

アルトサックスの先生

@SaxCyta